忍者ブログ
4

杵築市での食事が終わったら日出町大神の深江漁港へ向かいます、


日出町大神(ひじまちおおが)にある人間魚雷 『回天』 の訓練基地跡が昨年の5月に記念公園として整備されたので帰り道にちょっとだけ寄り道をして見学をします、




杵築市を出発して国道213号線を20分ほど別府市方面へ走ると日出町大神に到着します、そこから県道へ左折して人間魚雷回天訓練基地跡のある深江漁港を目指しているとこんな標識が見えてきます、




標識に従って進み海へ出ると人間魚雷・回天の実物大模型と回天基地跡の石碑が見えてきます、でも2014年にここを訪れた時は人間魚雷・回天の模型の周囲には廃屋などがありましたが今ではこんなにきれいに整備されていました、その時の記事は ここ をクリックして下さいね、




人間魚雷・回天の記念碑の台座には 『天を回らし戦局の逆転を願って』 と書かれていました、回天ってそういう意味だったんですね、




回天大神訓練基地記念公園は完成してまだ一年も経っていないのでとってもきれいですが以前は全く整備されてなくてこの辺りも荒れ果てたような感じのコンクリートの地面だったんですよね、




記念公園の駐車場に車を停めたらさっそく見学ですがここは完成したばかりのきれいな公園ですからりゅう君は車でお留守番です、りゅう君はいろんなところにマーキングをしますからね(笑)




回天大神訓練基地記念公園は25ヘクタールといわれた広大な基地敷地内の中で人間魚雷・回天を実際に水に沈めて水漏れ等を調べる魚雷調整プール跡のすぐ横に造られていますが何といっても目を引くのが外観を忠実に再現したこの実物大の模型です、




実物大模型が完成した当初には無かった階段も設置されていて回天の搭乗員が出入りするハッチ部分が見られるようになっていました、




踏み台の上から撮影した回天のハッチ部分です、以前は手をいっぱいに伸ばして撮影していましたがこれだとハッチ部分が良く見えますね、右に写っているコンクリートの構造物は魚雷調整プールです、




回天の説明板にはプラスチックのケースが置いてあって中には回天大神訓練基地の変遷や人間魚雷・回天の詳細なメカニズムなどが書かれたパンフレットが入っていました、左右どちらの箱も同じ内容のパンフレットですが左は以前から回天神社に置いてあったパンフレットで右は表紙が変わった新しいパンフレットでした、




これが今回私が頂いて帰った新しい表紙のパンフレットです、

  
 

記念公園の敷地を出て道路側から撮影した魚雷調整プールと実物大の回天の模型です、




回天大神訓練基地記念公園の見物が終わったらちょっとだけ移動してりゅう君のお散歩です、りゅう君はさっそく準備体操のブルブルです、




準備体操のブルブルが終わってスッキリした顔になったりゅう君です、




車から降りたらりゅう君は軽快に駆け出して行きました、一時期は膝が悪くてまともに駆ける事もできなかったりゅう君ですが最近はすっかり良くなったようで元気いっぱいです、でもどうして回復したのかは不明なんですよねぇ~、




しばらく歩いて防波堤までやって来ました、左に見えている海は深江漁港で右は野球グランドなどがある住吉ふれあい公園です、




防波堤に上がって海を眺めていたら海中にレールのようなものが護岸の下から伸びていました、これも回天大神訓練基地と関係がある遺構なんでしょうか?




住吉ふれあい公園を一回りして山側へ行ってみる岩肌にはいくつものコンクリート製や素掘りの壕があります、これらはすべて回天大神訓練基地の遺構のようです、
 
  
 

でも洞窟の周囲は雑草に覆われていて今は冬ですから雑草は枯れていますが引っ付き虫といわれてズボンや服に引っ付く植物の種がたくさんありました、これはセンダングサですね、




パンフレットに載っていたいくつかの壕を見学しながらのりゅう君のお散歩が終わったら足をきれいに拭きます、




あれだけ気をつけて草むらに入らないようにしましたがりゅう君の足にはこんなにたくさんの引っ付き虫が付いていました、




引っ付き虫を全部取るのに苦労しましたがこれから高台にある回天神社へ向かいます、




回天神社がある高台への入口です、ここは車で登れますが車一台がやっと通れるほどの道幅でしかも急坂になっています、ここにも洞窟があって酸素圧縮ポンプ室跡と書かれていました、




高台に上がると3つのお社があります、左の建物が恵比寿神社、右の手前に見えている建物には別府湾で引き上げられた回天の原型となった九三式酸素魚雷の機関部と回天の1/3模型が展示されていてその奥に回天神社と住吉神社があります、




この高台からは回天大神訓練基地記念公園も見えます、

 


これは回天の原型となった九三式酸素魚雷の機関部です、酸素魚雷とは燃料の酸化剤に空気の代わりに酸素を用いたもので世界で日本だけが実用化させた高性能の魚雷で全長は9mもある巨大なものです、




ここが回天神社です、回天搭乗員や整備員など1073名の戦没者が祀られている唯一の神社ですが住吉神社の末社として宮司、氏子によって今でも手厚く祀られているそうです、

  
  

回天大神訓練基地記念公園と回天神社の見学が終わったらお家へと向かいます、お家までは35kmほどの距離で一時間もかからないのでりゅう君が眠っている間に到着です。










PR
シーガーデン・ひじを出発したら少しだけ日出町内を散策します、


海鮮・一八でお昼ご飯を食べたらこのままお家へ帰ってもよかったんですがせっかく雨も止んでいる事だからすぐ近くにある日出町特産の城下(しろした)カレイで有名な暘谷城址(日出城址)へと向かいます、




シーガーデン・ひじ から国道10号線へ出て1,2分ほど北へ走り右折して日出町の商店街を過ぎるとすぐに白壁の土塀とこんな標識が見えてきます、




標識に従って白壁の土塀が続く道を進んで観光案内所の二の丸館に車を停めたらりゅう君のお散歩開始です、




暘谷城(日出城)のある日出藩の藩祖は北政所ねねの甥の木下延俊で関が原の合戦の功績により日出藩3万石が与えられてその後移封される事もなく明治時代まで続いた豊臣秀吉ゆかりの数少ない大名です、




日出城は別府湾に面して築城されているので城址のお散歩を始めたらすぐに海が見えてきます、この坂道を下った先はもう別府湾です、




坂道を下って海岸沿いの遊歩道まで来ました、右手には海に張り出すように石垣が築かれていますが3万石の小さな藩とは思えないほど立派な石垣が続く城址ですね、
 
 
 

そして石垣のすぐ前は別府湾です、この一帯の海は海底から清水が湧き出していて日本で最初のグルメ本といわれている 『美味求真』 を執筆した明治の政治家の木下謙次郎が絶賛した日本の名物料理八選にも選ばれた城下カレイが採れるところです、
 
 
 

城下海岸と城下カレイの説明板です、城下カレイは超高級魚で地元に住んでいても本物はまず食べる事が出来ないほどなんですよねぇ~(笑)




日出藩は2代藩主の時に所領の一部を弟に分与した事で2万5千石になりましたが城の縄張りをしたのが初代藩主の義兄の細川忠興だったからか?または豊臣秀吉の遠戚だったからか?お城は石垣が幾重にも折り重なっていて小大名のお城とは思えない立派な城址です、そして日出藩分家の立石領として分与を受けた弟についても実際は豊臣秀頼の子の国松だったのではないかとの説もあるそうです、




お散歩の途中で急に立ち止まったりゅう君のお尻の下には何やら落し物らしきものが・・・、これってもしかしてりゅう君のウ〇チかな?と思ってよく見たらマツボックリでした(笑)
 
  
  

別府湾が望める海岸付近のお散歩が終わったら本丸跡周辺をお散歩です、でも日出城の本丸跡は小学校になっているので中へは入れずお堀の周囲しかお散歩が出来ません、




周囲には白壁の家が続いていて城下カレイのこて絵もありました、




ここには明治の音楽家で荒城の月などの作曲で有名な滝廉太郎の銅像もありました、滝家は日出藩の家老職を務めた上級武士でお墓もこのすぐ近くにあります、過去の記事の ここ をクリックしてみて下さいね、




さらにお散歩を続けていると復元された隅櫓がありました、




櫓の入口には隅櫓ではなく鬼門櫓と書かれていました、




説明板によるとこの隅櫓は災いを招くといわれる鬼門(東北)の方角の隅を欠いた特異な構造で日出城以外ではみられないと書かれていました、




鬼門櫓の内部は見学ができるようになっていましたが、ワンコは立入禁止だろうと思ってりゅうママが見学している間外で待っていたら係のおじさんがワンコも入っていいよって言ってくれたのでさっそくりゅう君を連れて内部の見学です、




鬼門櫓の内部は二階建てになっていて一階には色んな展示物があり急な階段を登って二階に上がると建物の隅には液晶テレビがあって映像が見られるようになっていました、説明をしてくれたおじさんの話ではここが鬼門の方角で隅を欠いた構造になっていると言われましたが素人目にはただのテレビ台があるだけにしか見えませんでした(笑)




鬼門櫓の内部の見学が終わってもう一度外から隅櫓を眺めてみると東北の方角の隅だけはこの様に板壁も屋根も隅が欠けていました、




お散歩が終わって車を停めた観光案内所と物産館を兼ねた二の丸館まで戻って来ました、ここにはこんなポスターがありました、日出町には戦争中に人間魚雷・回天の基地があったんですよね、過去の記事の ここ と ここ をクリックしてみて下さいね、




日出城の見学が終わったらお家へ戻りますが、りゅう君は途中で田ノ浦ビーチへ寄ってお散歩です、でもりゅう君はお散歩もせずに吠えまくっています、足元に開いた穴の中から生き物の気配でも感じているんでしょうか?




りゅうママが小枝を穴の中に入れてみましたが穴が深くて奥まで届きませんでした(笑)




田ノ浦ビーチでのお散歩が終わったらもうお家へ帰るだけです、りゅう君はいつものように座ったままでウトウトしています、でもりゅう君はお出かけの時には距離や時間に関係なく帰り道以外ではほとんどウトウトする事がありませんがこの先はもうお散歩をしないってなぜ分かるんでしょうね?








先週に続き今回も日出町へお出かけです、
 

先週は日出町へお昼ご飯を食べに行ったらお目当てのお店の 『海鮮・一八』 が店内改装中だったので今回はリベンジで再訪問しました、 
 
 


先週に引き続き今回も天気はイマイチで前方のおサルの高崎山には濃い霧がかかっていて下のほうしか見えませんでした、
 
 
 

今回は途中で寄り道もせずにシーガーデン・ひじへ直行しました、これからお昼ご飯を食べる前にまずはりゅう君のお散歩です、
 
 
 

ここにはレストラン・物産館の裏手に小さな緑地帯がありますがりゅう君のお散歩にはちょっと狭すぎですね、
 
 
 

緑地帯のお散歩だけでは物足らないりゅう君は駐車場を抜けて周囲の住宅街の中をお散歩します、でもりゅう君は足が濡れるのが嫌なのか?水溜りを避けるように排水溝の蓋の上を歩いて行きます、
 
 
 

住宅街の中をしばらくお散歩したら車へと戻ります、よく見たらりゅう君のすぐ後ろのお宅には大きなワンちゃんがいて柵の間からりゅう君に睨みを効かせています、でもりゅう君は全く気付いていないんですよねぇ~
 
 
 

お散歩が終わったらりゅう君を車内に残してこれからお昼ご飯です、お店の前のボードにはメニューが書かれていたので今回は間違いなく食事が出来そうですね(笑)
 
 
 

お店の前には料理のメニュー写真が貼っていましたが店名からも分かるように海鮮料理が中心のようでした、




開店時間の11時になったので一番乗りで店内へ入りました、改装されたばかりの店内はとってもきれいでしたが、ここには以前はバイキングのお店があったんですが一度も行った事が無かったのでどこがどう変わったのかは分かりませんでした、
 
 


窓際のテーブル席に座ると別府湾から大分市、別府市が一望できました、
 

 

店内には料理に使われる魚が入った大きなイケスや惣菜、干物なども売られていました、




惣菜は店内で食べてもいいとの事だったのでおかずの一品としてアジの南蛮漬けを買いました、




料理が運ばれて来ました、これはりゅうママが注文したエビ天丼です、これだけたくさんの天ぷらが乗っていて月~金曜日は千円のところが600円だそうです、お得ですねぇ~




そして私が注文したのは当店2番人気と入口に書かれていた 『高田そばセット』 です、握りずしが5貫と豊後高田産の温そば、茶碗蒸しのセットで900円です、ちなみに一番人気は 『一八海鮮丼』 だそうです、




先ほど買ったアジの南蛮漬けを半分だけお皿に盛ってみました、これで140円分です、ちょっと大き目の小アジ?でとっても美味しくてお得でしたねぇ~




食事が終わったらりゅう君の待っている車に戻る前にりゅうママは海に向かって何やら撮影中です、




りゅうママが撮影していたのは同じ敷地内にある不二屋で買ったミルキーソフトです、りゅうママはほんとうにソフトに目がないですからねぇ~




撮影が終わったりゅうママはさっそくテラス席に座ってソフトを食べ始めましたが・・・




ここは海沿いなので防波堤の上にはこんな虫(フナムシ)がウヨウヨと蠢いていました、りゅうママは気付いていなかったんでしょうか?(笑)




りゅうママがソフトを食べ終えたので車に戻ったらりゅう君もお腹が空いたのか舌なめずりをしていました、




今回も思い立っての急な出発だったのでりゅう君のおイモを蒸かして持って行くのを忘れてしまったので物産館でイモ天を買いました、




りゅう君はおイモが大好物ですからパックに入ったイモ天を凝視しています、でもりゅう君はおりこうさんですからりゅうママの許可が出るまでは絶対に手を出さないんですよね(笑)




りゅうママがイモ天の衣を取除き始めたら我慢できないようにりゅうママの手の動きを目で追っています、




イモ天を食べ終えて満足したりゅう君です、
日出町にはあまり観光名所が無いのでこのままお家へ帰ろうかとも思いましたがせっかく雨も上がっているので日出町の特産で 『城下かれい』 の名前で全国的に有名な真水が湧き出すお城の日出城(暘谷城)跡を見物に行きます、










ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[04/08 nicoママ]
[03/03 nicoママ]
[02/16 NONAME]
[02/13 ルビたんママ]
[01/02 ルビたんママ]
アーカイブ
P R