忍者ブログ
3

南立石公園の枝垂れ梅を見たら日出町(ひじまち)へ向かいました。


今回日出町を訪れて車を停めたのは日出城址の目の前にある観光物産館の 『二の丸館』 です。ここは駐車場が広くて日出城址へは歩いてすぐのところなのでとっても便利です。

 


駐車場に車を停めて足元を見たらこんなカラフルなマンホールの蓋がありました。マンホールに描かれていたのは日出城址の下の真水が湧く海域で獲れる 『城下(しろした)かれい』 と日出町にあるサンリオキャラクターの屋外型テーマパーク 『ハーモニーランド』 のハローキティちゃんです。
 
  
 

二の丸館の駐車場に車を停めて歩き始めるとすぐにこんな標識が見えてきます。全ての観光施設が200m以内にあるなんて観光客にとってはありがたいですよね(笑)




標識のあったところから見えるのはこんな景色です。右側の白壁が見えているのところが車を停めた二の丸館で、左側の松の木が植えられているところは日出城址になります。




日出藩は3万石の小さな藩ですが、初代藩主の木下延俊は太閤秀吉の正室ねねの甥で、徳川幕府から豊臣姓を名乗ることを許されていたそうです。そして延俊の父親の家定はねねの兄にあたり備中足守藩の藩祖ですが、家定には6人の男子がいて五男は小早川家の養子となった小早川秀秋だそうです。 
 
 
  

歩き始めてまず見えてくるのはメガネをかけた青年の銅像です。この銅像の人物は明治時代の音楽家の 『瀧廉太郎』 です。




瀧廉太郎は幼い頃に住んでいた竹田市の岡城址をイメージして作曲した 『荒城の月』 が有名ですが、瀧家は元々は日出藩の家老職の家柄なので日出町には瀧廉太郎の墓所もあります。




瀧廉太郎の銅像のすぐ横には日出城の大手門跡がありますが、今は城内に建てられた日出小学校の正門になっていて昔の面影はほとんど残っていません。




日出城は3代藩主の木下俊長が中国の古書から暘谷城と名付けたといわれています。石碑の後ろに見える石塀の上には円柱を縦に割ったような石が乗せられていますが、これはカマボコ石といって珍しいものだと日出城址について説明をしてくれたおじさんが言っていました。





日出城址は別府湾に面した高台に造られお城なので、お堀の間からは別府湾が見えます。海が天然のお堀の役目をするので、このお堀は昔から空堀だったんでしょうね。
今回は画像が多くなり過ぎるので、次も日出城址についての記事です。



ペット同伴旅行ランキングはこちらへ     車旅(国内)ランキングはこちらへ

        ↓↓↓                        ↓↓↓ 
 
     にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ                 にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
     にほんブログ村                 にほんブログ村
   

                 






PR
日出町の人間魚雷『回天』大神(おおが)訓練基地跡へ出かけました。


お家を出発したら国道10号線を北上し、別府市街地を過ぎたら国道213号線へと右折して杵築市方面へと進み、途中から海岸へ出る道へ分かれると 『人間魚雷回天基地跡』 の標識が見えきます。
 
 
 

標識に従って海岸を目指して進むと、大神(おおが)回天基地記念碑と刻まれた石碑と人間魚雷『回天』の実物大の模型が見えてきます。石碑の台座には回天の意味について 『天を回らし戦局の逆転を願って』 と刻まれています。




回天の実物大模型が展示されているところは 『回天大神訓練基地記念公園』 として数年前に整備されて立派な公園になっています。




人間魚雷『回天』の実物大模型とその前に立つのは回天の搭乗員とそれを見送る母と妹の銅像です。




回天の横には魚雷調整プールが当時のままの状態で残っていました。プールは回天一基がちょうど入る大きさで、クレーンで吊った回天をこのプールの中に入れて水漏れなどの検査をしたそうです。




ここへはりゅう君と何度も訪れていますが、今回訪れてみると以前は無かった献花台のようなものと、たくさんの写真パネルが展示されていました。




献花台の後ろにはいろんな写真パネルがありましたが、これは回天搭乗員の遺書でしょうか?




回天大神訓練基地の全体図です。この辺り一帯にはかなりの広範囲に亘って兵舎や格納庫などがあったようですね。




多くの施設はすでに取り壊されて残っていませんが、それでも現存する施設がこれだけあります。




回天大神訓練基地記念公園の前には高台があって、この高台の上には回天神社があります。




高台の下にもいくつかの遺構が残っていて、ここは回天を格納していた豪です。




入口にあった説明板によると、大神基地からの唯一の出撃はこの壕に格納されていた8基の回天だったと記されています。でも幸いなことにこの8基は宿毛湾麦ケ浦で待機中に終戦となって犠牲者は出ていません。




豪の中を覗いてみると入口付近はコンクリートで頑丈に固められていましたが、奥のほうは手掘りのままのようでした。そして高台を突き抜けて反対側まで開口していました。この壕に一列に回天を格納していたんでしょうね。
 



すぐ近くには回天一基が格納できる小さな豪も残っていましたが、入口付近は半分ほど土砂に埋まっていました。


 

これから高台に登って回天神社へと向かいます。高台へと続く車道の入口付近には回天神社についての説明板がありました。




高台の上にはもともと住吉神社があって、回天神社はその横に遷座されています。画像の右側の小さなお社と鳥居が回天神社です。




ここには三分の一スケールの回天の模型と別府湾で引き揚げられた回天の機関部分が展示されています。




そしてすぐ横にある説明板によると回天神社には回天の部品が3種の神器として祀られていると書かれていました。




この辺り一帯には多くの遺構がありますが、多くの遺構はこの様に雑草に覆われてほとんど見ることができません。




これは生い茂った雑草の間からかろうじて開口部のみが見えている各科倉庫豪の入口です。




ここへはりゅう君と何度も訪れていますが、初めてここを訪れた時には記念公園も回天の実物大模型もありませんでしたが、年々整備が進んでいるようなので、現存している多くの遺構についても整備保存をしてもらいたいですね。
 



         ランキングに参加しました。ポチっと協力をお願いします。
   
            にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
            にほんブログ村     にほんブログ村
   
       





今回のりゅう君はサマーカットになって今年初めてのお出かけです、


これから県北地方へお出かけですが前日から雨が降り続いてりゅう君は丸一日お散歩をしていないので万が一に備えてオムツを穿いてもらいました、若い頃のりゅう君だったら一日くらいは平気で我慢できましたがもうおじいちゃんですからね(笑)




県北方面へは一般道を走って行きますが大分市街地を抜けるとすぐにこんな電光表示が見えてきました、道路上の電光表示って地方によっていろんな表現(方言)で書かれていて面白いですね、




途中から雨が上がったので別府市内へ入る前に田ノ浦ビーチへ寄ってりゅう君のお散歩です、雨は止んだばかりですがここの遊歩道は水はけのよいレンガなのでもう地面が乾いています、




田ノ浦ビーチから眺めた別府市方面です、手前から水族館うみたまご、おサルの高崎山そしてその奥には別府市街が見えていますが雨が上がったばかりなので別府市街には低い雲が垂れ込めています、




いつもなら人工島の田ノ浦アイルへ渡ってりゅう君のお散歩をしますがこの時期は水遊びの子供たちも多いのでいつもとは違うところでお散歩です、
 

 

お散歩を始めたらすぐに黄色い花をつけた木がありました、野生種では絶滅危惧種に指定している府県もあるハマボウでしょうか?
 



そして遊歩道沿いにはアガパンサスもきれいな花を咲かせていました、




国道10号線を挟んだ反対の山側ではちょうど白いソニックが通り過ぎて行くところでした、白いソニックって新幹線みたいでかっこいい車両ですね、




遊歩道を10分ほど歩いて田ノ浦ビーチの端まで来ました、ここは水はけのよい遊歩道だけじゃなくて緑も多いのでワンコのお散歩にはとってもありがたいところです、
 
  
  

駐車場への戻りは国道10号線に面した自転車道と歩道が併設されている道を通ります、
 
 
 

でも途中まで歩いたら誰が脱いだのか?革靴がありました、周りには誰もいませんでしたが持ち主はいったいどこへ行ったんでしょうね?(笑)
 
 
 

お散歩が終わったら別府市を通り過ぎて日出町にある 『回天大神訓練基地記念公園』 へと向かいます、ここには最近地元の彫刻家によって平和を祈念する銅像が建立されたと新聞に載っていたのでさっそく見学です、
 
 
 

田ノ浦ビーチを出発して30分ほどで 『回天大神訓練基地記念公園』到着しました、ここへは何度か訪れた事があるので過去の記事の ここ もクリックして下さいね、
 
 
 

公園の入口からは人間魚雷・回天の実物大模型は見えますが銅像はどこにあるんでしょうね?
 
 
 

 公園の駐車場に車を停めたら人間魚雷・回天の実物大模型のすぐ前に銅像がありました、公園の入口からは大きな案内板の影になって銅像が見えなかったようです、




銅像の台座にはそれぞれが 『永遠の風に 青年』 と 『永遠の風に 母妹』 と書かれていました、人間魚雷・回天の搭乗員となった青年とその無事を祈る残された家族(母・妹)の像のようです、
 
 
 

回天大神訓練基地では273名の搭乗員が別府湾を訓練海域として日夜厳しい訓練を行っていたそうですが幸いなことに終戦まで出撃する事はなかったそうです、
 
 
 

 台座にはこの像を製作した日出町在住の彫刻家の辻畑隆子さんの名前が書かれていました、そしてその下には文字を書いた同じく日出町在住の田村春晃さんの名前もありました、ちなみに揮毫(きごう)とは毛筆で書かれた文字の事だそうです、
 
 
 

そして台座にはこの様な文章も書かれていました、回天大神訓練基地記念公園は最近建設されたばかりですが周囲にはまだたくさんの遺構が残っているのでこれらも後世に残して欲しいものですね、
 
 
 

さぁ、これからりゅう君のお散歩です、後ろに見えている人間魚雷・回天は実物大のサイズですが超大型魚雷を人が乗れるように改造しているので全長が十数メートルもあるそうです、




りゅう君のお散歩が終わって車に戻ると同時に激しい雨が降ってきました、もう少し車に戻るのが遅かったらずぶ濡れになるところでした、




回天大神訓練基地記念公園を出発したら国道10号線をさらに北上して宇佐市へと向かいますがりゅう君は早くもウトウトしています、今日は朝から2度もお散歩をしたので満足しているんでしょうか?







ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[04/08 nicoママ]
[03/03 nicoママ]
[02/16 NONAME]
[02/13 ルビたんママ]
[01/02 ルビたんママ]
アーカイブ
P R