忍者ブログ
1

今回は久しぶりに大分県内へ泊まりでお出かけです、


これから大分県安心院町の料亭やまさ旅館へスッポン料理を食べに泊まりでお出かけです、りゅう君は久しぶりのやまさ旅館なのでとっても嬉しそうですね、




やまさ旅館へはお家から一時間もあれば到着するのでお昼過ぎに出発して途中にある大分農業文化公園でりゅう君はお散歩です、今回は大分農業文化公園の記事なので料亭やまさ旅館の記事は次に載せますね、




大分農業文化公園は県立の農業体験が出来る施設ですが室内施設を除いてワンコの立入りは自由です、公営の施設ってワンコ禁止のところが多いだけにありがたいですよね、




公園の入口にはてんとう虫1号と書かれたかわいい車も停まっていました、この車は電動トラムカーといって後ろに2両の客車を連結して公園内を運行しているそうです、




大分農業文化公園は開園からしばらくは入園料が必要でしたが今は入場無料なのでりゅう君は有料だった時に使用されていたゲートから無料で入場です、




ゲートを通過して建物を抜けるととっても広い緑地があります、ここもワンコはリードを付けていれば自由に遊ばせる事ができます、向こうに見えている建物が公園の入口です、




大分県農業文化公園は日指(ひさし)ダムのダム湖周辺に設けられた公園でダム湖を除いても83haもの面積がある広大な敷地の公園です、
 
 


ダム湖の対岸にもいくつかの施設が見えています、でもあそこまで歩いて行けば往復で一時間はたっぷりとかかりそうですね、




ここはダム湖の周囲を一回りするように遊歩道が整備されている広大な公園なのでレンタサイクルもたくさん用意されています、ワンコ連れじゃなければこれでダム湖の周囲を一周するのも楽しそうですね、
 



りゅう君はさっそくお散歩開始です、ここはお家からもそんなに遠くなくて東九州道の大分農業文化公園ICもすぐ近くにある交通の便がいいところですがりゅう君はここへ来るのは初めてなんですよね、
  
   
  

芝生広場を通り過ぎて遊歩道を歩いていたらキツネの像と遭遇して珍しそうに眺めているりゅう君です、
  
  
  

近づいてしばらく眺めていたりゅう君ですが突然吠え始めました、まさか生きている本物のキツネと間違えたんでしょうか?(笑)




キツネの像に向かってひとしきり吠えたら満足したのか?遊歩道を先へと進み始めました、今日のりゅう君は相変わらず元気いっぱいでグレーチングもひとっ飛びです、




ダム湖の湖畔まで来たら魚釣りの人がいました、すぐ横には自転車が停まっていたのでレンタサイクルでここまで来たんでしょうね、




 さらにお散歩を続けて吊り橋を渡って先へ行きます、
 
 
  

吊り橋から先はダム湖に沿って遊歩道が続きます、もうここまで1km以上は歩いたでしょうか?でもまだダム湖の対岸には渡っていません、




この辺りはダム湖のかなり上流部でこの先には石橋のような形をした橋があってこの橋を渡ればダム湖の対岸になります、




ダム湖の対岸へ渡ると戻るのに時間がかかるのでここから引き返そうとしたらりゅう君はヤダヤダをしてお尻を地面に着けりゅうママがリードを強く引っ張っても動こうとしません、もっとお散歩を続けたいんでしょうね、




嫌がるりゅう君を引っ張って入口まで戻って来ました、大分農業文化公園では年間を通じていろんなイベントが行われていますがこの時期は椿まつりが行われているのでこれから見学です、




椿まつりの行われている建物へはカフェやお土産売り場などがある豊の国物産館の中を通って行きます、




でもここを含めて室内施設はワンコの入場は禁止なのでりゅう君は残念ながら車でお留守番です、




豊の国物産館の売店では大分県内の特産品などがたくさん売られていました、




椿まつりの会場の椿花咲苑は物産館を通り抜けた隣の建物になります、
 
 
 

正面に見えている建物が椿まつりや昆虫標本の展示が行われている花昆虫館です、
 
 
 

ここが花昆虫館の中の椿まつりが行われている椿花咲苑です、
 
 
 

ここでは室内に約100品種の椿と屋外のつばき園で400品種の椿があるそうですが室内の椿花咲苑にはこんな貼紙もありました、
 
 
 

貼紙のすぐ下にはこんな模様の花を咲かせた椿がありましたがこれがプリンセス雅子なんでしょうか?




椿花咲苑での椿の見学が終わって建物の奥へと進むと昆虫館があります、
 
 
 

昆虫館の中にはたくさんの昆虫や世界の蝶の標本が展示されています、椿まつりもこれらの展示物もすべて無料で見れます、
 
 
 

展示されている蝶の標本の中にはこんなに鮮やかな色をした蝶もいました、とってもきれいですね、本当はじっくりと見学をしたかったんですがりゅう君が車で留守番をしているので早々に見学を切り上げてここを出発したら3年ぶりのお泊りとなるスッポン料理で有名な 『料亭やまさ旅館』 へ向かいます。 
 
          
 
 







PR
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[09/27 ろびんママ]
[09/19 ゆず茶]
[09/12 ろびんママ]
[09/09 ろびんママ]
[08/27 ろびんママ]
[08/22 びび]
[08/21 nicoママ]
[08/17 びび]
[08/10 びび]
[07/31 ろびんママ]
P R