忍者ブログ
5

狭い急坂を車で登って神社の境内へとやって来ました、
 

ここには2つの神社があって左側の大きいほうの神社は昔からこの地区にある住吉神社です、そして右側の小さな鳥居の神社が回天神社です、回天神社って名前の神社は全国にいくつかあるんだけど、ここは人間魚雷・回天の特攻隊員の霊を祀っている回天神社です、
 
 
 

人間魚雷・回天の基地は全国に4ヶ所あったそうですが、特攻隊員の霊を祀っている神社は全国でもここだけだそうです、そしてこの神社の設計図を書いたのも元回天特攻隊員の方だってボランティア?のおじさんが話してくれました、




すぐ前には回天神社の由来について書かれた説明板もあります、




こんな立て札もありました、この神社には回天作戦に散った1073柱の戦没者の霊を合祀しているそうです、
 
 
 

そして回天神社の中にはもうひとつ小さなお社があります、この小さなお社はもともとは回天大神基地内にあったものを戦後に回天神社を造った時にここへ移したそうです、
 
 
 

ここにはこんな写真も飾られていました、この左の写真の人は終戦の10日後にここで自決をした大神基地の回天搭乗員だった松尾少尉です、
 

  

回天神社では回天について書かれたパンフレットをもらえます、 このパンフレットには人間魚雷回天誕生の歴史的背景から大神基地の解隊までや回天の構造などについて詳しく書かれていました、


  

回天神社の境内には実物の三分の一の大きさの回天の模型と、国東沖で漁師の網にかかって引き上げられた回天へと改造される前の九三式酸素魚雷の本物の機関部分が展示されています、
 
 
 

すぐ横には回天の模型を奉納した大神回天隊の関係者の碑もありました、
 
 
 

これが九三式酸素魚雷の機関部分です、この魚雷は空気ではなく酸素を支燃剤とする魚雷で、世界で日本だけが実用化に成功した当時の世界最高水準の魚雷でした、
 
 
 

これだけの技術を持っていた日本なんだけど戦争の末期には特攻兵器へと改造されるなんて何とも・・・、ですね、
 
 
 

これは九三式酸素魚雷の推進部分です、九三式とは皇紀2593年に正式採用されたから九三式と言うそうです、ちなみに有名なゼロ戦は皇紀2600年に正式採用されたから末尾の0から零式艦上戦闘機、ゼロ戦と呼ばれたそうです、
 
 
 

こちらは実物大レプリカの回天の推進部分です、本物の九三式酸素魚雷の推進部と全く同じ形をしています、
 
 
 

この画像に写っているおじいさんがいろんな説明をしてくれた人です、このおじいさんの話ではこの回天の模型は山に向かって展示してるいので縁起が悪いから海に向うように展示し直す話があるって言ってました、ちなみに実物大のレプリカは海を向いていました、




回天神社の見学が終わったらまた狭い道を車で降りて行きます、でもこの急坂は車がやっと通れるほどの狭さだからもう少し広くすればいいのにね、




回天神社を後にして周囲を走っていると、いたるところに回天大神基地の遺構が残っています、




そのほとんどは何の案内板もない洞窟のようなものですが、こんな説明板のついたものもいくつかあります、




回天基地の遺構を探しながら深江漁港の周囲を走っていたら、ちょっと広い公園がありました、




りゅう君はここでやっとお散歩です、お家を出発してからここまでよく考えたらりゅう君のお散歩をすっかり忘れていました、りゅう君を車から降ろすと大喜びで走り回っています、




公園の周囲をお散歩していたら、漁師さんが何かを干していました、魚には見えないし何だろうね?




近づいてみるとまだ採れたばかりのヒジキでした、ヒジキってこの時季が旬で大潮の干潮時には岩にびっしりと付いていて、乾燥して売られているものは真っ黒なんだけど生はこんな色なんだね、




回天大神基地を後にしたらお家へと向います、りゅう君は途中の別府市上人ヶ浜公園でまたお散歩です、




しばらく芝生の上をお散歩していたりゅう君ですが、途中から堤防の上に一気に駆け上がり・・・




海を眺めながらのお散歩です、でも波打ち際を見たらワンコがいるのにりゅう君は全く気付いていません、




さぁ、お散歩も終わってお家へと向います、今回も楽しいドライブでした、
でも最近は近場のお出かけばかりで、しかも週末になるといつも雨だから一ヶ月ほど遠出をしていません、早く天気が良くなってどこかへ遠出が出来るようになるといいね。











PR
今日は別府市のすぐとなりの日出町へお出かけです、
 

日出町には戦争中に人間魚雷・回天の基地があり、今月に入って実物大のレプリカが完成したとの新聞報道があったのでさっそく見に行きました、
 

 

 今回のりゅう君はいつもの指定席では無くて何故かママの膝の上です、




今日の目的地はお家から比較的近い日出町だから国道経由で行きます、別府湾沿いの通称別大国道を走ってると、ちょうど白いソニックが走り去って行きました、
 
 
 

別府市を通り過ぎると国道10号線から日出町の商店街へと右折し、その先は県道を通ります、そしてJR日豊線の日出駅を通り過ぎるとこんな標識が見えてきます、
 
 
 

車もあまり通らない県道を海へ向かってしばらく走ると深江漁港に到着して朝市の看板が見えてきました、
 
 
 

深江漁港を通り過ぎるとすぐにこんな石碑が見えて来ました、ここへは3年ほど前にも来た事があるんだけど、その時もこの石碑はあったのかな?そして奥のほうには人間魚雷・回天の実物大のレプリカも少し見えています、
 



人間魚雷・回天の実物大のレプリカがあるところは当時の魚雷調整プールの遺構の横です、
 

 

手前に見えている水槽が人間魚雷・回天の水漏れなどをチェックする魚雷調整プールです、そのすぐ横に実寸大の人間魚雷・回天のレプリカが置かれていました、
 
 
 

駐車場に車を停めたらりゅう君はさっそく人間魚雷・回天の見学です、
 
 
 

人間魚雷・回天のレプリカの目の前へやって来ました、近くで見ると思ったよりも大きくて全長が14.75mもあるそうです、でも人間が一人乗り込むには随分と小さいような気も・・・、艦内の様子はちょっと前に市川海老蔵主演の映画 『出口のない海』 で詳しく描かれていたよね、
 



前回ここへ来た時には大神回天基地跡を見学してる人なんて全く居なかったんだけど、この実物大の回天のレプリカが新聞等で話題になったせいか?今回は次から次へと人が訪れていました、


 

人間魚雷・回天の説明文です、この説明文によると大神回天訓練基地は終戦間際の昭和20年4月に開設されて唯一の出撃があったそうだけど待機中に終戦となって特攻で亡くなった隊員はいないようです、

 
 

このレプリカの回天には上部に人間が出入りするハッチがありました、鍵がかかっていて中は見れなかったけど内部も忠実に再現されていて申し込めば中も見せてくれるそうです、
 
 
 

上に真っ直ぐ伸びているのが潜望鏡で、下に描かれているのは特攻のシンボルマークともなった鎌倉時代末期の武将、楠木正成の旗印と言われている「菊水」です、




でもこの人間魚雷・回天のレプリカはこんな雨ざらしの状態で空き地に展示されていました、屋根のあるところで展示すればいいのにね、
 
 
 

そして駐車場?も全く整備されていなくて魚雷調整プール跡地の一部なのか?コンクリートの基礎だけが残ったこんな状態でした、これから少しずつ整備していくんだろうね?

 
 

この近くにはこんな看板があって、すぐ近くの小高い丘の上には2つの神社があります、
  
 
 

神社へと上がる坂道の入口まで行ってみるとこんな洞窟がありました、
 
  
 

そして洞窟の入口にはこんな看板がありました、この洞窟は酸素圧縮ポンプ室ってところの跡みたいです、
  

 

酸素圧縮ポンプ室跡横の急坂を車で登って回天神社へと行きます、でもこの道は急坂でとっても狭く車1台がやっと通れるほどなので、坂の下に車を停めて歩いて登ってる人もいるようです、

 


急坂を登ったらすぐにこんな景色が広がっていました、手前に見えているのは車えびの養殖場で、遠くには大分市の工場群がうっすらと見えています、




画像の左側に車が2台停まっているところが、人間魚雷回天の実物大のレプリカが置かれていた魚雷調整プール跡です、


 

ここでりゅう君を車から降ろしてベンチに座らせたら、りゅう君はなぜかへっぴり腰でこんな格好になってベンチに座っています、このベンチは大きな竹を横に渡した造りだから隙間が広くて座りにくいのかな?
画像が多くなりそうだから続きは次に載せます。
 
 
 


   田ノ浦ビーチを出発したら、パパ達はお昼ご飯だよ、

resize44292.jpg田ノ浦ビーチを出発して、別府市を通り過ぎたらすぐに日出町に着きます、田ノ浦ビーチからは30分くらいかな?




resize44394.jpgここが今日のパパ達の目的地のひとつの食堂兼お弁当屋さんの ”からあげ一番” だよ、でもなんだかあまりきれいなお店じゃないよね、だけどここはボリュームと値段でとっても評判のお店なんだって、詳しくは 大分食べ歩き をクリックしてみてね、



resize44162.jpg食事が終わったら、来る途中に見えてた、”日本一の大蘇鉄”の大きな看板があったところに寄ってみました、




resize44161.jpgここには松屋寺と龍泉寺って2つのお寺があるみたいだね、




resize44166.jpg手前の龍泉寺には瀧廉太郎墓所って看板がありました、この人の先祖は日出の出身で、廉太郎のお墓も最近大分市からここへ移したんだって、




resize44170.jpg龍泉寺の奥には日本一の大蘇鉄がある松屋寺があります、でもりゅう君は龍泉寺の中がとっても気になるようです、滝廉太郎のお墓を見たいの?




resize44066.jpg日本一の大蘇鉄がある松屋寺(しょうおくじ)に着きました、ここの蘇鉄は国指定の天然記念物なんだね、それにしてもでっかい看板だよね、




resize44071.jpgこれから拝観料を払って松屋寺の大蘇鉄を見学だよ、




resize44077.jpgワンコが入れるか心配だったけど、あっさりとOKが出ました、




resize44075.jpg中はとっても広くて、樹木もきれいに剪定されていて池もあり、とってもすばらしい庭のようになっていました、




resize44143.jpgこのお寺の説明文がありました、




resize44076.jpg説明文を読むと、相当に由緒あるお寺みたいだね、




resize44086.jpgこれが日本一の大蘇鉄なんだね、蘇鉄ってあんまり見たことが無いから、日本一って言われてもピンとこないよね、




resize44128.jpg住職さんの説明では、蘇鉄の枝ってのは上には伸びなくて横に伸びるんだって、何だか龍みたいな形だよね、




resize44079.jpg国指定天然記念物の”日本一の大蘇鉄”の説明文だよ、




resize44134.jpgママが見学してる間、僕はちょこっと休憩だよ、このあと住職さんの説明で秘宝殿も見学したんだけど、住職さんが一緒だったから画像は無いよ、




resize44112.jpg秘宝殿の見学が終わったら、お寺の裏手にある大名墓へ行きます、説明文を見たら日出藩の藩主ってすごい家柄の人なんだね、




resize44093.jpg木下家の系図もありました、ほんとうに豊臣家の末裔なんだね、明治になってからは豊臣子爵って呼ばれていたんだって、




resize44106.jpg大名墓です、これは日出藩初代藩主の木下延俊のお墓です、




resize44099.jpgほかにも歴代藩主や奥方のお墓がずらりと何十基も並んでいます、




resize44115.jpg大名墓の見学を終えて、またお寺の中へ戻ってきました、




resize44119.jpgここを出発する前にもう一度だけ日本一の大蘇鉄を見学だよ、




resize44171.jpg松屋寺を出発して杵築市へやって来ました、車内からは杵築城が見えます、ここへは前に来てるので過去の記事は ここ をクリックしてみてね、




resize44257.jpgさらに先へと進んで、パパ達がいつも牡蠣を買う杵築市守江の漁港にやって来ました、




resize44183.jpgここは車の心配も無いし、周りに人もいなかったので、りゅう君のリードを外すと、いきなり全力疾走です、




resize44184.jpgものすごい勢いで走って行きます、まるで海に飛び込みそうな勢いです、




resize44251.jpg今日も絶好調だよ、




resize44279.jpgさぁ、お散歩も終わったから、牡蠣を買って帰ろうかな、




resize44487.jpgお家へ帰る途中で、なんだか危なっかしい車に遭遇しました、こんなに荷物を積んじゃ危ないよ、




resize44298.jpg別府市内へ入ると今度はこんなカッコいい車を見ました、




resize44474.jpgでもりゅう君は遊び疲れで、あくびをしています、このあとお家に帰り着くまでりゅう君はウトウトしていました、


                           
                        
                   ランキングに参加しています
      ブログ更新の励みになるのでワンクリックにご協力をお願いします。               
                         ↓  ↓ ↓
                                                            にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     
                        にほんブログ村




ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[04/08 nicoママ]
[03/03 nicoママ]
[02/16 NONAME]
[02/13 ルビたんママ]
[01/02 ルビたんママ]
アーカイブ
P R