忍者ブログ
3

ワラビ狩りを楽しんだら九重町でお昼ご飯です。


瀬の本高原からやまなみハイウェイを別府市方面へ進むとすぐに大分県へ入り、牧の戸峠へ到着しますが、標高1330mの牧の戸峠は5月に入ってもまだ周囲の樹木は冬景色のままです。そして道路の両側には登山者なのか?県外ナンバーの車がたくさん停まっていました。




牧の戸峠レストハウスの駐車場も満車で車を停められなかったので、昨年のこの時季にりゅう君と訪れた時の画像を一枚だけ載せます。




牧の戸峠を過ぎると やまなみハイウェイは下り坂になって、牧の戸峠と並ぶ九重連山の主要登山口となっている長者原に到着します。ここも標高が千m以上あるので木々はまだ裸で新緑はもう少し先のようですね。




長者原にはやまなみハイウェイを挟んで両側に駐車場がありますが、何百台も停められる駐車場はほぼ満車状態でかろうじて車を停めることが出来ました。でも周囲には人の気配があまり無かったのでほとんどが登山者のようでした。




車を停めたら やまなみハイウェイを横切って山岳ガイド犬 平治号に会いに行きました。平治号は30年ほど前に亡くなっていますが、今年の2月に虹の橋を渡ったりゅう君も向こうで平治号に会って今頃は一緒に飛び跳ねている事でしょうね。平治号については過去の記事の ここ も見て下さいね。
   
   
   

平治号の銅像に挨拶をしたら再びやまなみハイウェイを渡って 『レストハウスやまなみ』 でお昼ご飯です。
 
 
 

建物内に入ると階段の横にショーケースに入った食品サンプルがあって、この階段を上がった2階に 『レストラン やまぼうし』 があります。
 
 
 

2階へ上がってみると意外にも店内はガラガラでした。駐車場には何百台もの車が停まっていましたが、登山者ばかりで観光客はほとんど訪れていないようですね。
 

 

窓際の席に座ると大きな窓からはくじゅう連山が間近に望めます。このロケーションなら美味しく食事ができそうですね。
 
 
 

そして平治号の銅像を望遠で撮影したら、ワンちゃんを銅像の台座に乗せようとしている人がいました。りゅう君も同じようにして撮影をした事がありますが、みんな考える事は同じなんですね(笑)
 
    
  

料理はすぐに運ばれてきました。これは私が注文した 『九重夢ポーク ロースカツ膳』 です。肉が大きくて2種類のタレで美味しくいただきました。
 
 
 

りゅうママが注文したのは 『豊後牛とふわふわ卵のオムライス』 です。一口食べさせてもらいましたがとっても美味でした。
 
 
 

食事が終わったら1階へ降りて、『カフェ きすみれ』 でデザートのソフトクリームを買います。
 
 
 

これからテラス席に座ってくじゅう連山を眺めながらソフトクリームを食べます。
 
 
 

食事が終わって長者原を出発したら やまなみハイウェイを通ってお家へと向かいますが、由布院盆地へ下るすぐ手前まで来たら 『蛇越(じゃこし)展望所』 へ寄ってちょっと休憩です。




展望台へはこの階段を登って行きますが、りゅう君はいつもこの階段を一気登りしていたんですよね。




展望台から見た湯布院盆地と由布岳です。ここは狭霧台と並んで朝霧のベストスポットとして有名です。狭霧台から見た朝霧の由布院盆地は ここ をクリックして下さいね。




蛇越展望所を出発したら道の駅・湯布院で最後の休憩をして一時間ほどでお家へ到着しました。







PR
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[05/27 ろびんママ]
[05/20 ろびんママ]
[05/15 びび]
[05/10 びび]
[05/06 めろんパン]
[05/06 ろびんママ]
[05/06 nicoママ]
[05/05 びび]
[05/02 NONAME]
[04/30 びび]
P R