忍者ブログ
田ノ浦ビーチを出発したら国東半島へ向かいます、


出発すると同時にりゅう君はいつものように運転席を凝視しています、




別府市を過ぎて日出町に入ったら無料高速の大分空港道路を通ります、




大分空港道路の杵築ICで高速を降りたら山道へと入り国東半島を縦断します、国東方面へ行く時には大分空港道路を終点まで行って景色のいい海岸沿いの道を通る事が多いけど今日は最短距離で長崎鼻リゾートキャンプ場を目指します、前方に見えているのは波多方トンネルです、




波多方トンネルを抜けるとすぐに農産物直売所の ”いちみらんかえ” があります、杵築ICで高速を降りて山道に入ってからは人家がほとんど無いところをしばらく走るので建物が見えたら何だかほっとした気分になります、ちなみに ”いちみらんかえ” は ”行ってみませんか” って意味です(笑)




ここではトイレ休憩と買い物をするだけでりゅう君のお散歩はナシです、でもドアを開けたらりゅう君は ”お散歩かい?” って顔をして地面を見ています(笑)




農産物直売所を出発してしばらく坂道を下ったらこんな標識が見えてきます、りゅう君はこの先にある白鬚田原神社でお散歩をします、




白鬚田原神社に到着です、ここでは毎年10月にどぶろく祭りが行われてとっても賑わうところです、詳しくは過去の記事の ここ をクリックしてみてね、




駐車場に車を停めたらりゅう君は道路を渡って神社の周囲をお散歩です、




道路を駆け足で渡ったりゅう君はその勢いのままに神社の石段を登り始めました、今日のりゅう君はほんとうにどうしちゃったんだろうね?




でもママから足に負担がかかるから登っちゃダメだよって怒られて残念そうに階段を降りるりゅう君です(笑)




白鬚田原神社を出発したらいよいよ国東半島の最深部へと入ります、この頃になると天気もすっかり回復して空には入道雲が出ています、




国東半島の中央部を目指してひたすら坂道を登って最高地点を過ぎ下りにかかるとすぐにこんな標識が見えてきます、長崎鼻リゾートキャンプ場まではまだ遠いし、もうお昼前なので鬼会(おにえ)の里でお昼ご飯を食べる事にします、




標識を左折してしばらくすると険しい山に囲まれた鬼会(おにえ)の里 歴史資料館が道路の下のほうに見えてきました、ここへは去年も訪れているので詳しくは過去の記事の ここ をクリックしてみてね、




鬼会の里 歴史資料館の駐車場に車を停めたらすぐ前の川の中には巨岩に不動三尊が刻まれた川中不動尊が見えます、




そして川の中ではたくさんのハヤが人を全く恐れず様子も無く泳いでいました、

 
 

さぁ、まずは食事の前にりゅう君のお散歩です、りゅう君は岩場をよじ登るようにして天念寺を目指してお散歩開始です、




天念寺への石段の前までやって来たりゅう君ですが、石段を登ったらまたママから怒られると思ったのか?石段を前にしてとっても萎縮しています(笑)




でもママが石段を登り始めたら、りゅう君は置いていかれまいとして慌てて石段を登り始めました、




そしてその勢いのままでさらに先の石段まで登ろうとしています、今日のりゅう君は足の障害を全く感じさせずにとっても元気です、




りゅう君のお散歩が終わったらお昼ご飯です、歴史資料館の横にさりげなく置かれた鬼の面が鬼会の里らしくていい感じですね、




お食事処・鬼会の里は歴史資料館の中にあります、豊後高田市は大分県一のそば粉の産地で安心して美味しいそばを食べてもらうために認定店制度を設けていてここも認定店のひとつです、




歴史資料館の中に入りました、お食事処・鬼会の里の店内はこんな感じです、




鬼会の里のメニュー表です、麺類ばかりのメニューですがそれよりもここは国東半島の中央部の山深いところであまり観光地化もされていないのでお食事処がある事自体がちょっと不思議な感じです、




豊後高田産のそば粉を使った手打ちのざるそばです、




こちらも豊後高田産のそば粉を使った鬼の目そばです、お店のおばちゃんが鬼の顔に見えるように具を並べてるって説明してくれたけれどよく分かりませんでした(笑)




おそばだけじゃちょっと量が少ないかな?と思ったのでメニュー表の中でひとつだけ色の違っていた田舎風かき揚げ丼も注文しました、どの料理もとっても美味しくてお腹いっぱいになりました、




お昼ご飯が終わってここを出発したらひたすら山道を降って海岸へと出ます、でも長崎鼻リゾートキャンプ場はまだまだ先です、







PR
Comment
1
りゅうくん、むちゃむちゃ、元気だねぇ~。
石の遺跡が多い国東は、昔、行きましたが、
階段や坂が、凄いですからね、疲れますが…、
りゅうくん、元気いっぱいだねぇ~。
いつも、笑っているしねぇ~。

それにしても、手打ちの本物の、お蕎麦は、立派なお値段。
うどんも、お値段がぁ~、私が行くところより
100円以上もお高いですねぇ~。
国産だったら、お高くてもOKですね(笑)

RE.1
こんにちは、びびさん
最近りゅう君の様子が変です・・・?
膝蓋骨脱臼で一時は悪いほうの足で立ってオシッコも出来ないほどだったのに何だか元に戻ったみたいです(笑)
あまりにも調子がいいので一度病院に行ってみようかと思ってますよ(笑)

さすがに豊後高田市認定店のお蕎麦は美味しかったですよ、
でもこの辺りは本当に山の中で民家もあまり無いところで、この日は土曜日でしたが駐車場には車が2台しか停まってなくてこのお店儲からないだろうなぁ~って思いましたよ(笑)


Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[05/27 ろびんママ]
[05/20 ろびんママ]
[05/15 びび]
[05/10 びび]
[05/06 めろんパン]
[05/06 ろびんママ]
[05/06 nicoママ]
[05/05 びび]
[05/02 NONAME]
[04/30 びび]
P R