忍者ブログ
今日は先週に続いてくじゅう方面へお出かけです、
 

この季節の阿蘇・くじゅう方面は一年でいちばん緑が鮮やかで気候もいいから暑さが苦手なワンコにとっては毎週でもお出かけしたいくらいだよね、
 
 
 

今日は国道210号線経由で湯布院からやまなみハイウェイを通って長者原⇒瀬の本高原⇒九重夢大吊橋と先週とは別ルートを進みます、
 
 
 

道の駅・ゆふいん に到着したらトイレ休憩とりゅう君のお散歩です、りゅう君はさっそくお気に入りの斜面登りです、
 
 
 

道の駅・ゆふいん を出発したらすぐにやまなみハイウェイへと入ります、今の季節は道路沿いにはたくさんの山フジが咲いています、鮮やかな新緑の中に咲く山フジの花ってとってもきれいだね、
 
 
 

飯田高原の手前までやって来たらこんなバス停がありました、昔はこの辺りにもツキノワグマが棲息していたんだろうね?でも今では九州のツキノワグマは絶滅したって言われてるんだよね、




熊の墓バス停のすぐ横にはこんな看板もありました、このバス停のすぐ手前には熊の墓4号土場って看板もあったんだけど、これっていったい何だろうね?ネットで調べたら土場は切り出した材木を一時的に集める場所って書いていたんだけど・・・




さらにやまなみハイウェイを熊本方面へと進んで長者原までやって来ました、




長者原の久住登山口駐車場に車を停めたらタデ原湿原の遊歩道をお散歩です、でもここへ来たらまずは山岳ガイド犬の平治号に挨拶をしなくちゃね、




ここにはこんな看板があります、ラムサール条約は湿地の保存に関する国際条約でここでは坊ガツルとタデ原湿原が登録されています、




湿原にはダニがいっぱいいそうだけどこの遊歩道なら安心して歩けるよね、




後ろには三股山と硫黄山が見えています、三股山の向こうには坊ガツル湿原が広がっていて九州本土最高峰の中岳や山頂直下にきれいな池のある大船山、ミヤマキリシマが全山を覆っている平治岳、くじゅう連山を代表する久住山などが坊ガツルからは一望できます、




タデ原湿原でのお散歩が終わって駐車場へ戻っているとこんな花が咲いていました、山フジと似たような花だけど何て名前の花なんだろうね?

  
 

長者原を出発したら、やまなみハイウェイの最高地点の牧ノ戸峠を経て熊本県の瀬の本高原へと出ます、先週はここの三愛レストハウスへ寄ってお散歩をしたんだけど、今日は道路を挟んだ反対側にあるお食事処の八菜家(やさいや)さんでお昼ご飯です、




ここでママが注文したのはメニュー表の右上の ”だご汁レディースセット” とパパは右ページの真ん中の ”馬か丼定食” です、熊本県は高菜、だご汁と馬肉が有名だからね、




りゅう君は料理が運ばれてくるまで長いすの上でおとなしく横になっています、




料理が運ばれてきました 、今まで寝ていたりゅう君は起き上がってお姉さんが手に持っている料理を凝視しています、




パパが注文した馬か丼定食です、牛丼のように馬肉が乗った丼かと思ったら具は別皿に入っていました、




馬肉ってとっても値段が高いイメージがあるんだけど、このお店では器いっぱいに馬肉が入っていました、




メニューに丼って書いていたから白ご飯の入っている器の上に馬肉を乗せて馬か丼にしてみました、




こちらはママが注文した ”だご汁レディースセット” です、レディースセットにしてはボリュームがあるような気もするんだけど・・・(笑)




料理が運ばれてきた時に起き上がったりゅう君は料理を前にして目をウルウルさせて何かを訴えています、たぶん馬肉が食べたいんだろうね(笑)




ママたちの食事が終わったらりゅう君も少しだけ馬肉をお裾分けです、




お昼ご飯が終わったら瀬の本高原を出発して九重町方面へと進んで九重夢大吊橋までやって来ました、




吊橋の上では相変わらずたくさんの人が行き来をしていました、でもここへ来るのはもう4度目になるけどこの吊橋はワンコ禁止だからまだ一度もこの吊橋を渡った事が無いんだよねぇ~、




九重夢大吊橋を出発するとすぐにヘアピンカーブの連続する道になります、ここは秋の紅葉がとってもきれいな九酔渓の十三曲がりです、ここは新緑の季節もとってもきれいなんだけど、この連続したカーブだからゆっくり景色を眺める余裕も無いよ、
 
 
 

ここではちょうど1年前の今頃、火災に見舞われて以来仮店舗で営業をしていたお土産屋さんの桂茶屋が建築工事の真っ最中でした、早く新しいお店で営業再開できるといいね、




九酔渓を過ぎたらしばらくして国道210号線へと出ます、ここから先はもう寄るところも無いのでお家へ向かってひたすら車を走らせます、今回は2週連続でのくじゅう方面へのお出かけでしたがママたちと一緒に食事も出来てとっても楽しいドライブでした、
帰りの車中でのりゅう君は立ったままウトウトしながら舌なめずりをしています、もしかしたらお昼に食べた ”馬か丼” の夢でも見てるのかな?(笑)









PR
Comment
1
よかったねぇ〜、りゅうくん(笑)
やっぱり名物だよねぇ〜、たまには…。
私も高菜めし派かなぁ〜?
阿蘇で食べたことがないんですよ、買ってきて食べましたが、
あまり違いはぁ〜〜〜???(笑)

しかし、山岳ガイド犬の平治号、なんだかいいですね。
動物たちが、こんな風に扱われているのはうれしいですよ。

熊の墓…この前テレビを見ていたら、九州には、熊が
いないとか行ってましたよ…ツキノワグマだけだったのか???
カドリーに行けば、たくさんいるけどね。

私もこの橋は、見るだけです。
そういえば、夢バーガーも2着だったような…。
自分で作ったものは…可愛いというより、ちょっときもい!(大汗)
まっ、2着でも仕方がない感じ!!!

それにしてもりゅうくん、いいお顔(笑)

RE.1
こんにちは、びびさん
高菜飯はお店によって味に差がありますからねぇ~、
大観峰のレストランで食べた時には、白ご飯?って思うほど真っ白(高菜が少ない)でビックリしました(笑)
八菜屋さんの高菜飯は美味しかったですよ、それに馬か丼の馬肉の多さにはちょっとビックリでした、でも馬肉って馬刺し、馬ホルモン以外は食べた事が無いので黙って出されたら牛肉と思ったでしょうね(笑)
りゅう君も大喜びで食べましたよ、
私も九重夢大吊橋へは4度行ってますが橋を渡ったのは一度だけです、
先週、宮崎に行った時には照葉大吊橋に寄る予定だったんですが、私の趣味でちょっと寄り道をして時間がかかりすぎたので断念したんですよ、ここの吊橋は九重夢大吊橋よりもずっと怖いですからねぇ~(笑)

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R