忍者ブログ
松浜軒を出発したら今夜のお宿へと向かいます。
 

昨年の12月にここへ泊った時にはリニューアル工事中で建物の半分ほどが工事用のシートに覆われていましたが、今は工事も終わってすっきりした姿になっていました。
 
 
 

チェックインを済ませるとさっそく部屋へと向かいました。前回はシートに覆われて周りの景色がほとんど見えませんでしたが、部屋の窓からは左側に八代城址が、その右側には八代市役所が見えました。
 
 
 

そして部屋の正面には熊本総合病院と書かれた大きな建物がありました。目の前にこんな大きな病院があったら万が一の時でも安心ですね(笑)




ここはホテルの1階にあるお食事処の 『居食屋 九千坊』 です。前回ここへ泊った時はとっても寒い日だったので外へ出るのがおっくうでここで夕食を食べましたが、今回は事前に調べて近くの繁華街にある居酒屋で夕食を食べることにしました。ここでの食事については 過去の記事 をクリックして下さいね。




チェックインした時間が早かったので、お風呂に入って部屋でゆっくりしてもまだ陽が高い時間帯でしたが、これからちょっと早めの夕食を食べにホテルを出ました。ここはお宿から歩いて5分ほどのところにある飲食店街です。




時間が早かったので通りには歩いてる人がほとんどいませんでしたが、熊本県らしく馬肉、馬刺しの文字が並んだお店がたくさんありました。他県ではあまり見られない光景ですね。




このお店が今回夕食をいただく 『居酒屋・汁べえ』 です。ここは事前に調べて評価の高かったお店なので食事が楽しみです。




開店時間とほぼ同時にお店に入ったので、まだお客さんは一人もいませんでした。私たちは個室に入りましたが、壁には馬刺、からしれんこん、八代産〇〇などの文字が並んでいて料理の注文に迷いそうです。




本日のおススメもボードに書かれていました。八代海は新鮮な魚介類がたくさん獲れますからね。




席に着いたらまずは生ビールで喉を潤します。今日は義父のお墓掃除で汗びっしょりになって、その後松浜軒の見学でも汗びっしょりになったので、ビールが体全体に染み渡るようでした(笑)




最初に注文したのは上馬刺しと辛子蓮根です。熊本県へ来たらこれは外せませんよね。




そして前回は食べられなかった馬のタテガミ(コーネ)の刺身も注文です。




ここは居酒屋さんなので串焼きのセットも同時に注文しました。りゅうママは上げ膳据え膳の旅館がお気に入りですが、私は居酒屋で好きなものだけを注文するこのスタイルが好きですね。




生ビールを飲み干したら、私は芋焼酎のロックを、りゅうママはお店おすすめの 『米ビワミン』 を注文しました。ビワミンって初めて聞く名前ですが、ビワミンとはぶどう酢と米酢にビワエキスなどを加えたもので熊本市内の会社で製造されているそうです。




八代海で獲れた新鮮な太刀魚の刺身(小切り)も注文しました。表面の銀粉がきれいに残っているとっても新鮮でプリプリの太刀魚でした。




もつ煮込みも注文です。これも熊本名物ですね。




料理はその他にも注文しましたが、〆は餃子です。前回の反省?を踏まえて今回は熊本名物の料理がたくさん食べられるお店を選んだので大満足でした。




会計を済ませたらのし袋に入ったドリンク半額券をもらいました。でも一緒に入っていたのは五円玉(ご縁玉)じゃなくて百円玉でした(笑)




お店を出てもまだ辺りは明るくて、飲食店の看板にもようやく明かりが灯り始めたばかりでした。今日は早朝にお家を出発して炎天下のもとで義父のお墓掃除をして疲れたのでホテルに戻ってもう一度お風呂に入ったら早々とお休みです。
明日は早く起きて八代市街地のまだ寄っていないところお散歩する予定です。



         ランキングに参加しました。ポチっと協力をお願いします。
   
            にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
            にほんブログ村     にほんブログ村

     

 



PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[07/18 ろびんママ]
[06/11 ルビたんママ]
[06/08 ろびんママ]
[06/06 ろびんママ]
[05/17 おばやん]
[05/16 ろびんママ]
[05/09 nicoママ]
[04/29 ろびんママ]
[04/20 nicoママ]
[04/17 ろびんママ]
アーカイブ
P R