忍者ブログ
3

久住高原フラワーズヴァレーを出発したら やまなみハイウェイへと向かいます。
 

やまなみハイウェイへ出るために国道442号線へ向かっていると、久住ワイナリーとその後にある久住山が間近に見えてきました。この季節の久住山は冠雪していることが多いですが、この日は珍しく全く雪がありませんでした。久住ワイナリーへは数年前にりゅう君と訪れたことがあるので 過去の記事 をクリックして下さいね。
 
 
 

国道442号線への交差点には 『くじゅう花公園』 がありますが、看板には冬期休園中と書かれた紙が貼られていました。この時季の久住高原は花も少ないし、積雪で冬用タイヤが無いと通れない日も多いですからね。
 
 
 

国道442号線をしばらく進んで熊本県へ入り、瀬の本高原まで来たら県道11号線(やまなみハイウェイ)を右折して大分方面へと進みます。
  
  
  

やまなみハイウェイへ右折するとすぐに大分県へ入ります。電光掲示板には気温5℃と表示されていますが、この時季にしては珍しく暖かい日ですね。
 
 
 

瀬の本高原からはやまなみハイウェイの最高地点の牧ノ戸峠まで一気に標高を上げて行きますが、辺りの樹木はすっかり葉を落とした冬景色で、青空以外は全てモノクロの世界ですね。
 
 
 

やまなみハイウェイの最高地点で標高1330mの牧ノ戸峠に到着です。この季節は天気が良くても標高の高い牧ノ戸峠には雪が残っていることが多いですが、この日は珍しくどこにも雪が残っていませんでした。積雪のくじゅう高原は 過去の記事 をクリックして下さいね。
  
  
  

牧ノ戸峠はいつも大勢の登山者で賑わって駐車場もほぼ満車状態なんですが、この日は何故か駐車場はガラガラでした。雪が無いからでしょうか?
 
 
 

この日は天気が良かったので遥かに離れた由布岳も見えました。
 
 
 

牧ノ戸峠を出発したらやまなみハイウェイを下って長者原登山口で休憩です。秋に訪れた時には辺り一面ススキの海原だったタデ原湿原もこんな状態でした。秋のタデ原湿原は 過去の記事 をリックして下さいね。
 
 
 

ここは以前お昼ご飯を食べた事もある 『レストハウスやまなみ』 ですが、ベランダの手摺には 『mont ・ bell(モンベル)』 の看板が掲げられていました。




店内へ入ってみるとお土産コーナーの奥の方は登山用品などを販売しているモンベルのブースになっていました。
 
 
 

モンベルと言えば道の駅・あそ望の郷くぎの にある店舗で熊本地震の直後から被災者にテントの無料貸し出しを行っていたことがテレビ等で報道されていましたが、昨年のGWにはここに出店していたんですね。
 
 
 

ここではちょっと遅い食後のデザートに私は手前の 『やまなみソフトのバニラ』 を、りゅうママは 『プリンソフト』 を暖かい店内でいただきました。




今回レストハウス・やまなみ で買って帰ったものです。右はおんせん県おおいたとプリントされた吟醸酒です。そして左は麦焼酎をヨーグルトで割った 『ヨーグルトリキュール ここのえ』 です。
この日のくじゅうは晴天で雪もありませんでしたが、翌日には大分県下でも雪が降って、くじゅう方面はかなりの積雪になりました。



 ペット同伴旅行ランキングはこちらへ     車旅(国内)ランキングはこちらへ

        ↓↓↓                        ↓↓↓ 
 
     にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ                 にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
     にほんブログ村                 にほんブログ村
   

       



         



PR
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[05/18 日出爺]
[05/17 日出爺]
[04/22 nicoママ]
[04/09 ろびんママ]
[04/07 ろびんママ]
[03/02 JA広島果実連 及川正明]
[02/24 メロンぱんな]
[02/21 NONAME]
[02/20 NONAME]
[02/18 ろびんママ]
アーカイブ
P R