忍者ブログ
今回はミヤマキリシマが見頃の別府市の鶴見岳へ出かけました。


別府市街地までは国道10号線を通って行きますが、これから向かう鶴見岳は画像の中央に写っている一番高く見える山です。


  

この画像は今年の1月のものですが、別府市からくじゅう方面へ向かう時には必ず鶴見岳のロープウェイ乗り場に寄って、りゅう君のお散歩をしていました。りゅう君の後ろには冬桜が咲いていますが、過去の記事 も見て下さいね。
  
  
  

 6月初旬のこの時季は鶴見岳山頂のミヤマキリシマ(深山霧島)がちょうど満開を迎える頃で駐車場にはこんなに多くの車が停まっていました。いつもはガラガラの駐車場でりゅう君のお散歩をしていたのがウソのようですね。
 
 
 

これから鶴見岳山頂へのロープウェイに乗ります。『ふわっと10分空中散歩』 のフレーズが気に入って一部を記事のタイトルにパクっちゃいました(笑)
 
 
 

でもこのロープウェイはワンコの乗車禁止で、山頂もワンコの立入禁止なのでいつも駐車場から上り下りするゴンドラをりゅう君と一緒に眺めているだけだったんですよね。
 
 
 

鶴見山上駅からのゴンドラが高原駅に到着して乗客が全員降りたら再び山頂へ向けて出発するので、これからゴンドラに乗り込みます。
 
 
 

定刻になって高原駅を出発したゴンドラはあっと言う間に高度を上げて、駐車場に停めている車がこんなに小さくなってきました。




鶴見山上駅に到着する直前に撮影した画像です。画像の上のほうには別府湾にせり出した標高628mのおサルの高崎山が遥か下方に見えています。そして画像の右端にはりゅう君と何度も訪れた事のある志高湖も見えています。




10分ほどの空中散歩で鶴見山上駅に到着しました。この画像は鶴見山上駅の屋上から撮影しましたが、鶴見岳の本当の山頂は正面の小山の上に立っている電波塔の辺りです。




鶴見山上駅は鶴見岳の山頂近くの広場の端っこにあって、周囲にはミヤマキリシマがきれいに咲いていました。そしてここからは別府湾と別府の市街地も見えます。




ここから眺めた別府の市街地と別府湾です。この日はちょっと空気が霞んでいましたが、運が良ければ別府湾の先には四国も見えます。
     
 
      

この景色は鶴見山上駅から眺めた湯布院方面です。画像の左上辺りが湯布院盆地になります。




この時季はちょうどミヤマキリシマが満開で、鶴見岳の山頂付近ではこんな見事な景色を至る所で見る事が出来ます。




ここには高さが数mほどのジャンボ温度計がありますが、気温は12℃を表示していました。地上では25℃位の気温だったので随分と涼しいですね。
  
  
  

こんな看板もありました。山頂一帯は七福神巡りの散策路になっているようですが、昭和の匂いがプンプンしますねぇ~(笑)
 
 


七福神巡りの散策路を歩いて鶴見岳山頂まで徒歩5分のところまで来ました。
 
 
 

鶴見山上駅から鶴見岳山頂までは整備された遊歩道が続いているので軽装でも山頂へ行けます。坂道の途中で振り返ったら別府湾、おサルの高崎山が遥か下のほうに見えました。
 
 
 

 高さ1375mの鶴見岳山頂に到着です。鶴見岳は登山道も整備されているので山頂には軽装の観光客や本格的な装備の登山者もいました。
 
 
 

ここから眺めた満開のミヤマキリシマの群落と由布岳です。由布岳は高さが1583mあるので鶴見岳よりも2百mほど高いんですが、なぜか下に見えるような気がします。
 
 
 

鶴見岳山頂からの素晴らしい景色を堪能したら再びロープウェイに乗って駐車場のある高原駅へと向かいますが、この時季は観光客が多いので出発の間隔を短くしているからほとんど待つ事はありません。画像は高原駅を出発したゴンドラとすれ違う瞬間です。




10分間の空中散歩を楽しんで間もなく高原駅へ到着です。




この画像は今年の1月に冬桜を見物に行った時のものです。
鶴見岳ロープウェイは残念ながらワンコの乗車が禁止なのでりゅう君と一緒に鶴見岳山頂へ行く機会はありませんでしたが、九州の高山にしか自生しないミヤマキリシマをわずか10分の空中散歩で鑑賞できて充分に楽しめました。









PR
Comment
1
凄い車の数は、見たことがないですよ(汗)
りゅうくんも見たことがない頂上、ランも見たことがありません、下から見ていましたよ。
私もランが来る前には、結構登っていましたが、冬は、
完全に冬景色で気温がぁ~、半端なく低かったですよ。
しかし、夏は最高かもしれませんね、
夏に住みたいところですよ、ほんとにぃ~~~。

RE.1
こんにちは、びびさん
鶴見岳山頂は20数年ぶりでした。
いつもりゅう君と一緒に下から眺めるばかりでしたが、ついに登頂成功です(笑)
ミヤマキリシマの季節は初めてでしたがきれいでしたよ。
これからはりゅう君と一緒だと行けなかった場所へも行ってみたいですね。

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R