忍者ブログ
7

今回は大分県南の佐伯市へ出かけました。
  

この日訪れたのは佐伯市の海岸部にある 『 濃霧山(のうかやま)公園 』 です。ここは太平洋戦争当時の要塞遺跡が山の至る所に残っていて、過去記事 でも載せていますが・・・
   
  
  

今回は濃霧山の山上に三ヶ所ある展望台のうちの東展望台に登って、造船所で行われる船の進水式を眺めるのが目的です。東展望台は進水式の撮影スポットとして地元では有名なところで、濃霞山の案内図にも ゛進水式ビュースポット ゛ と書かれています。




濃霧山は標高がわずか60mで、大分県で一番低い碇 山 ( 標高56m ) とあまり変わらない高さなので、ゆっくり登っても十数分もあれば東展望台へ到着します。そして東展望台からは眼下に造船所 ( 佐伯重工業 ) が見えます。




東展望台へ到着したのは8時40分頃でしたが、岸壁には9時から行われる進水式の見物のために多くの人が集まっていました。そしてこれから進水する船の船首部分にはクス玉がぶら下がっていました。




しばらく待っていたら音楽とともに船首部分のクス玉が割られて、周囲からは大量の紙テープが流れて、船はゆっくりと船台を離れて行きました。でもテレビでよく見るシャンパンを船にぶつけて割るようなシーンはありませんでした。




造船所内で進水式を見物している人たちは、船台を離れて沖へ向かって滑り出して行く船を目の前で見れるのでかなりの迫力でしょうね。




船台を離れて海上へ出た船はすぐに船首の二か所から錨を降ろしました。進水式を見るのは初めてですが、海上へ出た船は一旦錨を降ろすんですね。




船が離れた後の船台にはたくさんの部品のようなものが転がっていました。船台(進水台)の構造についてはほとんど知識がありませんが、周囲にたくさん転がっているのは、今まで船体を支えていた台座のようなもので、これをひとつずつ外していくことで、中央部に2本ある滑走台へ船体の重量を移して進水を行うんでしょうか?




海上へ出た船はこの後、タグボートの力を借りて方向転換をします。佐伯市内には多くの造船所がありますが、佐伯重工業などいくつかの造船所では、進水式の日をHPで案内していて、誰でも見物することができるので、今度は造船所の構内から進水式を眺めてみたいですね。




今日2月13日はりゅう君の命日です。りゅう君がいなくなって3年になりますが、生活の一部だったりゅう君の記憶が徐々に薄れていくのはちょっと寂しさを感じますね。この画像はりゅう君と濃霞山へ登った時のものです。元気いっぱいだった頃のりゅう君の 過去記事 も見て下さいね。
 
 

        
ペット同伴旅行ランキングはこちらへ     車旅(国内)ランキングはこちらへ

        ↓↓↓                        ↓↓↓ 
 
     にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ                 にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
     にほんブログ村                 にほんブログ村








PR
道の駅・宇目を出発したら国道326号線をさらに宮崎県方面へ進みます。


次に寄ったのは大分県と宮崎県の県境にある北川ダムです。この日はダム湖では何かの工事を行っていて、作業車両が多く停まっていたので、見学者用の駐車場もかろうじて一台分のスペースがあるだけでした。




工事はダムの水位を調整するダム穴(グローリーホール)の辺りの湖底で行われていましたが、この工事を行うためにダム湖の水位を下げたので、幻の田代橋も姿を現したんでしょうか?




工事現場を真上から見てみると、いつもは水中に隠れて見えないダム穴の円筒がダム湖の底の部分まではっきりと見えました。ちょっと珍しい光景ですね。




そしてダム穴の底部分では配管の接続工事を行っていましたが、ダム穴の上部から流れ落ちた水はこの配管へと流れ込むんでしょうね?  通常は渇水時でもここまで水位が下がることはあまり無いので、工事が終わればもう2度と見れない光景かも知れませんね。ちなみにこの工事は5月まで行われるそうなので、今が貴重な光景を見れるチャンスかもしれませんね。




ダム湖の上流側を眺めてみると、遠くに 『 唄げんか大橋 』 が見えました。そして樹木の茂っているところから下の、岩肌がむき出しになったところが普段は水没しているところですが、白っぽい斜面がかなり下まで広がっていました。




北川ダムのすぐ手前にある国道326号線に架かる橋の下も水が流れていませんでした。
 

 

今回は幻の石橋・田代橋、道の駅・宇目、北川ダムと廻りましたが、当初は宮崎県に入って、花崗岩の大岩壁が連なる大崩山 (おおくえやま)の登山口付近まで行くのが目的でしたが、道が途中で通行止めになっていたので断念しました。一応迂回路はあるようですが、通行止めになっている道路があまり広い道じゃないので、迂回路になるとさらに狭い道になりそうですからね。
 
   
  
ペット同伴旅行ランキングはこちらへ     車旅(国内)ランキングはこちらへ

        ↓↓↓                        ↓↓↓ 
 
     にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ                 にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
     にほんブログ村                 にほんブログ村








ダム湖に沈む田代橋を見物したら国道326号線を宮崎県方面へ進みます。


次に寄ったのは、宮崎県方面に出かけた時にいつも休憩に寄る大分県と宮崎県の県境付近にある『 道の駅・宇目 』です。
 
 
 

ここはいつもトイレ休憩だけを済ませてすぐに出発している道の駅ですが、今回久しぶりに物産館の周囲をじっくりと見渡してみると、『 宇目エコパークセンター 』 と書かれた真新しい建物ができていました。
 
 
 

建物内に入ると巨大なスクリーンがあって、ユネスコエコパークに登録された 『 祖母・傾・大崩山 』 などの映像が流れていました。建物の入口にはイートインスペース有りと書かれていて、イス・テーブルも置かれていたので、ここで休憩や食事もできるようでした。巨大スクリーンに映った大自然の映像を見ながら食事ができるなんていいですね。
 
 
 

道の駅・宇目にはテイクアウト部門で道の駅ランキングの一位を獲得した 『 ジャンボからあげ 』 と 『 くりソフト 』 のお店が有名で、日曜日などはいつも行列ができていますが・・・




ここには宇目町の名物の 『 唄げんか焼 』 を販売している地元野菜などの直売所もあります。画像に写っている建物の左側が直売所で、右側には ジャンボからあげ などを販売する 『 うめ茶屋 』がありましたが、今はこのお店はレストランがある建物の 『うめりあ』 内に移転しています。




直売所で販売しているのは、宇目町特産の栗で作った餡子の入った和菓子(今川焼き)です。栗の収穫期の日曜日などには仮設店舗で販売を行っていることもありますが、唄げんか焼は期間限定商品で直売所では売り切れていることも多くて、なかなか買えない商品です。ちなみに大分県(九州地方)では今川焼きとは言わなくて回転焼きといいます。




唄げんか焼の表面には、子守をする二人の女の子が対話形式で子守唄を唄う( 唄げんか )様子が焼き印で描かれています。唄げんか焼を半分に割ってみると100%宇目産の練った栗あんと粒のままの栗がたっぷりと入っていて、とっても美味しい和菓子でした。



ペット同伴旅行ランキングはこちらへ     車旅(国内)ランキングはこちらへ

        ↓↓↓                        ↓↓↓ 
 
     にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ                 にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
     にほんブログ村                 にほんブログ村







ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[07/02 nicoママ]
[04/08 nicoママ]
[03/03 nicoママ]
[02/16 NONAME]
[02/13 ルビたんママ]
P R