忍者ブログ
     にほんブログ村ランキングに参加しています、ワンクリックにご協力をお願いします。             
   
                                      にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ    


玖珠町に到着して最初に目指したのは伐株山(きりかぶやま)の山頂です、
resize80966.jpg玖珠SAを出たらすぐ左手に伐株山が見えてきます、伐株山は万年山(はねやま)とともに玖珠町のシンボル的な山でどちらもメーサ台地の山です、昔ここに大きなクスの木があって日陰になって困るので切り倒したらその切株が伐株山になったって伝説があるんだって、



resize80965.jpg伐株山の山頂を目指して車を走らせてると田んぼが黄金色に輝いて収穫の時期を迎えていました、きれいな風景だね、



resize80967.jpgしばらく黄金色に輝く田んぼのわき道を走って、山頂へ登る道の入口にさしかかると標識がありました、伐株山の山頂までは3.6kmあるみたいだね、



resize80973.jpgでもこの標識を過ぎたらすぐに離合も出来ないほどのこんな狭い山道になりました、この道が3.6kmも続くのぉ・・・



resize81186.jpg山頂が近づくにつれてどんどん道幅は狭くなり、車1台がやっと通れるほどに狭くなってきました、そして右に何か案内板みたいなものがあってその横には道らしきものが見えてきました、



resize81189.jpg車を停めて見に行ってみると、こんな説明文がありました、説明文の横の道らしきものは修行僧が往来してた道なんだね、



resize81190.jpgそして道路の反対側にも道らしきものがあってお地蔵さんがたくさんありました、



resize80998.jpg狭い山道を対向車が来ないかビクビクしながら走ってやっと山頂の駐車場に着きました、ふぅっ、対向車に合わなくてよかったよ、



resize80993.jpg山頂には伐株山園地って看板がありました、ここは耶馬・日田・英彦山国定公園なんだね、



resize80994.jpgその横にはこんな説明板がありました、玖珠町は全国でも珍しい山がたくさんあるんだね、



resize81178.jpg山頂には休憩所と小屋らしきものがありました、でもこの小屋とっても小さくて人が住めそうにも無い不思議な小屋だよね、



resize81182.jpg恐る恐る扉を開けてみると・・・ なんだ電話ボックスでした、



resize81168.jpgこの電話ボックスの裏手をほんのちょっと登ったら伐株山の山頂の標柱があります、



resize81170.jpgそしてここにはこんな古い石仏がたくさんありました、さっき見た説明板には昔はここにお寺があったって書いてたからそのお寺にあった石仏なのかな?



resize81002.jpg次は展望台へと行くよ、でもここは山頂とほとんど高さが変わらないんだよ、山頂付近がこんなに平らな山って初めてだよ、これがメーサ台地の特徴なんだね、



resize81006.jpg遊歩道(?)の途中にはいくつもの説明板があります、この山がクスの木の切株だったらもとの木の高さはどんだけぇ~って感じだよね(笑)



resize81015.jpgとにかく広い山頂だからどんどん歩いて先に見えてる展望所を目指します、



resize81014.jpgまたまた説明板がありました、ここは南北朝時代にはお城があったんだね、




resize81026.jpgたくさんの説明板を読みながら進んで展望所に到着だよ、



resize81032.jpgここには小さな祠のようなものがあって、この中にもお地蔵さんがありました、これもかつてここにあった高勝寺のお地蔵さんなのかな?



resize81028.jpg展望所前の断崖絶壁のふちではおじいさんとおばあさんの夫婦が景色を見ていました、仲の良さそうな夫婦だね、



resize81044.jpgおじいさんたちが見ていたのはこんな風景だよ、すぐ下には玖珠の街並みが広がっています、



resize81037.jpgこのおじさんも崖ギリギリに立ってるけど怖くないのかなぁ?



resize81068.jpgこのおじさんはこんな風景を見てたんだよ、伐株山って玖珠の街並みを眼下に見下ろせるとっても見晴らしのいいところなんだね、



resize81050.jpg僕もここで記念撮影だよ、でもすぐ後ろは断崖絶壁だよ



resize81067.jpgとにかく広い山頂だからまたまた場所を移動です、いつもはこの辺りからパラグライダーが飛び立っているんだけど残念ながら今日は見る事が出来ませんでした、風が弱いからなのかな?



resize81071.jpgでもここからは遠くに大分自動車道の玖珠SAが見えました、玖珠SAへは何度も寄った事があっていつも伐株山の山頂付近をパラグライダーが飛んでるのを眺めてたんだけど、この日に限って飛んでないなんて残だよねぇ、


                  ランキングに参加しています
       ブログ更新の励みになるのでワンクリックにご協力をお願いします。               
                      ↓  ↓ ↓
                                    にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ      にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
                      にほんブログ村





PR
Comment
1
怖い山道だねぇ~、りゅうくん(汗)
しかし狭い道ですね、私はいけませんよ(汗)
地元にも滝があり、一度行ってみましたが、左右は草ぼうぼうで、
車1台より狭く感じました(大汗)
あれから、あまり有名でない、
地元観光地はなるべく避けるように…(笑)
しかし、地元としては一番、落ち着く場所ですよね。
登ってみたら、雄大な光景です…これは気持ちいいですよね。

RE.1
こんにちは、びびさん
そうなんですよ、狭い山道が3kmあまりもあって、途中からUターンしようと思ったんですが、Uターンする場所を探してたら山頂に出てしまいました(笑)

それにしてもメーサ台地の山って凄いですね、山頂が大平原なんですから一見の価値アリですよ、
玖珠町ももっと道路整備に力を入れて観光地として売り出すべきですね。

2
行ってみたいけど・・
伐株山の山頂まで車で登れるんですね。
シンボル的なこの山は、下から見ると本当に伐株に見えます。
3キロも細い道が続くということですが、
私もUターンもできない綱渡り状態で、ガードレールのない3キロの山道を登ったことを思い出すと、二度と行きたくない恐怖です。(汗)

でもここはずっとガードレールがあるんですか?
けっこう年配の方も見えますね。
りゅう君は縁石歩くのが得意だから、なんてことないよ~っと感じかな?

下の道の駅のレストランに「きりかぶカレー」というメニューがありました。ごはんが伐株山の形に盛られているのが想像されますね。(笑)

RE.2
こんにちは、トリテンさん
離合できない道が延々と続くのも大変ですが、途中に分かれ道が3箇所ほどあって標識もないので、もし間違ってたらひたすらバックですよ(笑)、幸い間違わずに山頂に行けましたが・・・
でも山頂はとっても景色がいいので、道路の整備を含めてもっと観光地としてアピールしてもらいたいですね、
山頂でりゅう君のリードを離してお散歩させたんですが、以外にも昔のように走り回ったもので、崖からパラグライダーのようにジャンプしないかと心配でした(笑)
道の駅の名物にきりかぶカレーありましたね、私たちは以前ここへ来た時に玖珠牛に釣られて焼肉定食、牛丼を食べたんですがイマイチでした、カレーにすればよかったです(笑)

3
無題
こんにちは。りゅう君の寝ぼけ顔可愛いすぎますよ!!
懐かしい風景に悪夢が・・実は、ココでパラグライダーしました。最初は爽快でしたが、降りる時は旋回して降りる為、私は酔ってしまい、補助で一緒に飛んでくれた叔父に「我慢して!我慢して!」と励まされ苦しかった思い出が(;;)風に乗って降りるので、気分悪くても直ぐには降りれないんです。まさか空の上から吐くなんて事は出来ないですし・・・人生初の酔いでした。パラグライダーはこれっきりです。頂上でのブランコはハイジのブランコみたいで迫力です。主人は、たま~に伐株山でパラグライダーしています。

RE.3
こんにちは、くろべーママさん
お久しぶりです、・・・かな?
くろべーママさんのコメントをもらってパラグライダーとハンググライダーを間違えてたのに気付きました、早速訂正をしないと・・・

ここでパラグライダーをしたって凄い体験ですね、それにご主人、叔父様もパラグライダーをやってるなんて、私からみればまさに雲上人です、凄すぎです(笑)

山頂のブランコには数人の若い女性が居ましたよ、この人たちもハイジの気分でブランコに乗ってたんでしょうかね?

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[11/13 ろびんママ]
[11/05 NONAME]
[10/14 ろびんママ]
[10/11 nicoママ]
[10/08 ろびんママ]
[10/04 ゆず茶]
[10/04 くらら]
[09/27 ろびんママ]
[09/19 ゆず茶]
[09/12 ろびんママ]
アーカイブ
P R