忍者ブログ
松陰神社を出発したら日本屈指の大鍾乳洞の秋芳洞へと向かいます、
 

松陰神社の見学が終わって車に戻るといつもはウトウトしているりゅう君が何故かとっても嬉しそうな顔をして座っていました、もしかしたらこれから涼しい鍾乳洞へ向かう事を予感しているんでしょうか?(笑)
 
 
 

カーナビに秋芳洞を入力したら近くに道の駅・美東 の文字が見えたのでちょっとだけ寄り道をして行ってみました、でも道の駅に到着したら駐車場には車が一台も停まってなくて物産館?の看板の文字もいくつか欠落していて何を書いているか分からず営業しているのかな?って感じでした、
 
 
 

道の駅の裏手にはきれいな川が流れていて涼しそうな感じでしたが周囲には日陰が全く無いのでりゅう君のお散歩はここでもパスです、
 
 
 

でもりゅうママはただでは出発しませんからねぇ~、ここでは栗ソフトと梨ソフトをお買い上げです、もちろんりゅうママが食べたのはひとつだけですが・・・(笑)
 
 
 

道の駅・美東を出発してしばらくすると今日最後の目的地になる秋芳洞に到着です、




駐車場から秋芳洞の入口までは数百mの距離があるのでりゅう君はバッグに入って移動します、でも焼けついたコンクリートの上を歩かなくてもこの炎天下なのでりゅう君は舌を出してハァ、ハァ、と荒い息をしていたので濡れタオルを首筋に巻いてあげました、




駐車場から少し歩くと秋芳洞入口まで続く道路の両側にお土産屋さんが並んでいるところへ出ます、りゅう君は濡れタオルが気持ちいいのか?この37℃以上はありそうな炎天下なのに涼しい顔をしています、




両側に立ち並んでいるお土産屋さんではたくさんの鍾乳石の置物を売っていました、秋芳洞ならではのお土産ですね、




しばらく両側に商店の並ぶ道を歩いたら秋芳洞入口に到着です、でもこの鍾乳洞の上に広がるカルスト台地の秋吉台は ”あきよしだい” って読む事を知っていましたが秋芳洞については大人になるまで ”しゅうほうどう” って読んでいました、無知って怖いですねぇ~(笑)




ここではワンコは抱っこかカゴに入っていれば鍾乳洞の見学ができます、初めてここを訪れたりゅう君にとっては車でお留守番をしなくて済むのでありがたいですね、でも大型犬の場合は抱っこも出来ないので見学は厳しいですね、




りゅうママはさっそく二人分の観覧券を購入です、りゅう君はもちろんタダです、




料金所から鍾乳洞の入口までは洞内から溢れ出してくる冷たい水の流れる沢沿いの木陰を歩きます、この辺りは鍾乳洞からの冷気も流れていてとっても涼しいのでりゅう君の首に掛けていた濡れタオルを外しましたが髪はまだビッショリと濡れています、




この涼しげな清流を見ているだけでも猛暑を忘れるようで満足なんですがこの先の秋芳洞は一年を通じて17℃前後ですから37℃の外と比べたら20℃も温度が低いので髪が濡れているりゅう君にはちょと寒いかもしれませんね、




秋芳洞の入口に到着しました、さぁこれから屋根付きの遊歩道を通って涼しい鍾乳洞へ入ります、




鍾乳洞へ入るとすぐにバックライトがついたこんな表示がありましたがまだ目が暗さに慣れてないので周囲はほとんど真っ暗で何も見えませんでした、




さらに奥へと進むとようやく目も暗さに慣れてきてバックライトの無い百枚皿と書かれた表示板も見えるようになってきました、




これが百枚皿です、昭和天皇がまだ皇太子の大正時代にここを訪れてこの名前をつけられたそうです、




秋芳洞は日本屈指の鍾乳洞といわれるだけあって洞内はとっても広くて歩道もしっかりしたものでした、




この富士山のような形をした鍾乳石は洞内富士と名付けられていました、




さらに鍾乳洞を奥へと進みます、ここは気温が17℃くらいですからひんやりとするほど涼しいんですが髪の濡れているりゅう君は体が冷えて寒いのか?ガタガタと震え始めました、




こんな立派な鍾乳石もありました、これは黄金柱と名付けられていて高さが15mもあるそうです、




700mほど洞内を進んだらこんな標識がありました、ここから300mは黒谷支洞と呼ばれる鍾乳洞になるそうです、




マリア観音と名付けられた鍾乳石が現れたら黒谷支洞の終点も間近です、




終点まで来ました、この先には進みませんでしたが先からは温かい風が吹いていたのですぐに出口のようです、このまま鍾乳洞を出てタクシーで戻ろうかとも思いましたがもう一度じっくりと秋芳洞の見物をしたいので1kmの道のりを引き返します、




アップダウンの続く鍾乳洞を往復で2kmも歩いたのクタクタに疲れてベンチで休憩です、ここは37℃も気温があるのでりゅう君の首筋にもう一度濡れタオルを巻いてあげました、でもりゅう君にとっては炎天下を連れ回されたり濡れた身体で鍾乳洞へ入ってガタガタ震えたりと災難だったかもしれませんね(笑)




秋芳洞を出発したら高速に乗ってひたすらお家を目指しますが、お家までは200kmほどあるので九州へ入る前に壇ノ浦PAで休憩です、りゅう君も疲れがピークに達したのか?抱っこされたままでウトウトしています、




萩シーマートでお土産に買って帰ったサザエです、波の穏やかな大分県ではこんな角があるサザエはいないので珍しくてつい買ってしまいましたが壷焼きにして美味しく頂きました、
今回は猛暑の中を涼を求めて秋芳洞へ行きましたがまだまだ暑い日が続くのでりゅう君にとってはもうしばらくは我慢の季節ですね。









PR
Comment
1
ここは涼しいですからね、りゅうくん。
私も2時間ぐらいも入っていましたよ。
3キロあるランの体重が、肩に響いてきましたからねぇ〜。
ここの、地元飯は、かっぱ蕎麦だったか???
瓦そばとほとんど同じでした(笑)

りゅうくん、突然の外は、暑いですが、ひんやり空気の中に
入っていたから・・・少しは良かったのかも・・・。

RE.1
こんにちは、びびさん
河童蕎麦、駐車場から歩いている時に見ましたよ、
写真を見る限りではそのまんま瓦蕎麦でしたねぇ~(笑)
りゅうママはごぼうを練りこんだごぼう麺ってのが気になったようです、
秋芳洞は涼しいのは良かったんですが往復歩いて疲れてしまいました、タクシーで戻るべきでしたね、
濡れタオルは思った以上に効果があって炎天下でバッグに入っていたりゅう君はとっても快適そうでしたよ。

2
無題
りゅうくんも鍾乳洞に一緒に入れて良かったですね。
往復2㎞も歩いたのですね。
私たちは“黄金柱”から引き返しました。
ルルを車に残してきたこともあるけれど、旅の疲れで体力なくなってきていました。(年?)
外は37℃ですか~ 仙台もこの夏は観測史上初の4日連続猛暑日(猛暑日が5日も)という記録的な暑さでした。
東北にも鍾乳洞(岩手の“安家洞“”龍泉洞”と福島の“あぶくま洞”)があるので、いつかお出でくださいね。



RE.2
こんにちは、ルルマガさん
龍泉洞はとっても有名ですから九州在住の私でも知っていますよ(笑)
確か日本三大鍾乳洞のひとつだったような・・・?
秋芳洞はアップダウンもあり足元の照明も暗いので小型犬のりゅう君でも抱っこして歩いたらかなり疲れました、りゅうママとりゅう君の譲り合い?でした(笑)
ルルちゃん、秋芳洞に入れなかったのは残念ですね、
先ほどニュースで現在の大分市は全国で一番暑い37.4℃って言っていました、でも毎日が猛暑日ですからもうすっかり慣れちゃいました、
東北地方は是非行ってみたいところなんですよねぇ~、ルルマガさん家のようにキャンピングカーがあれば行きやすくなるんですが定年後の夢ですね(笑)

3
無題
こんにちは♪ワンコと行ける所が少なくて探してたらここにたどり着きました^^ りゅう君可愛いなぁと拝見させてもらってたんですが、今はお空に居るんですね(涙) うちもワンコが2ぴきお空に居ます^^去年新しい家族が増えましたので、りゅう君のお出かけ参考にさせて頂きます♪

RE.3
こんにちは、ゆず茶さん
はじめまして
コメントありがとうございます。

りゅう君が旅立ってもう七か月になりますが、りゅう君と一緒に訪れた懐かしい場所を再訪問していまだにブログを更新しています(笑)

りゅう君は10歳の時に実家から我が家にやって来て家族の一員になりましたが、それ以来9年間たくさんのお出かけをしました。
もう りゅう君と一緒のお出かけはできませんが、これからもワンコ目線でお出かけをしてブログの更新をするので、またご訪問下さいね。

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[11/13 ろびんママ]
[11/05 NONAME]
[10/14 ろびんママ]
[10/11 nicoママ]
[10/08 ろびんママ]
[10/04 ゆず茶]
[10/04 くらら]
[09/27 ろびんママ]
[09/19 ゆず茶]
[09/12 ろびんママ]
アーカイブ
P R