忍者ブログ
今日はりゅうママがおんせん県おおいたのスタンプラリーで県内の道の駅巡りをするので一緒にお出かけです、


九州に上陸した台風15号の影響で大分市は未明から暴風雨でしたがお昼過ぎには雨も止んで陽が差してきたのでちょこっとだけお出かけしようって事でこれからおんせん県おおいたのスタンプラリーで豊後大野市の道の駅巡りをします、でも朝のお散歩も諦めて寝ていたりゅう君は大アクビでとっても迷惑そうなな顔をしています、




お家を昼過ぎに出発して大分米良ICの近くを通っているとこんな電光表示が出ていました、台風15号は熊本に上陸して久留米方面を北上して日本海へ抜けましたが大分道はほぼ全線が強風のために通行止でした、これから向かう中九州道は通行できるんでしょうか?




幸いにも中九州道は交通規制も出て無くて順調に進み最初の目的地の道の駅・朝地に到着してりゅうママはスタンプをひとつゲットです、




道の駅・朝地でスタンプを押したらすぐに次の目的地の道の駅・原尻の滝を目指して出発します、道の駅・原尻の滝がある緒方町はここから6kmほどでとっても近いんですよね、




緒方町に到着して旧道を走っています、道路の横には水路が走っていてそれぞれの家には小さな橋が架かっています、ここは全く観光地化されていませんがとっても雰囲気のいいところですね、




道の駅・原尻の滝に到着すると平日でしかも台風が過ぎたばかりの天気なのに多くの観光客が滝を眺めていました、




りゅうママは張り切って2番目のスタンプをゲットしようと物産館へ行きましたが残念ながら台風の影響で臨時休業していてスタンプを押せませんでした、




りゅう君も残念だったねって顔をして牛を散歩させる事で有名になった吉良ジョージ君のポスターをバックに記念撮影です(笑)




物産館は残念ながら休みでしたがこれからりゅう君は原尻の滝を目指して軽快にお散歩を開始です、




お散歩を始めるとすぐに台風の強風で飛ばされた枯れ枝などが遊歩道に散乱していました、道の駅が臨時休業なので片付ける人がいないんでしょうね?




さらにお散歩を続けて原尻の滝が近づいてきたらりゅう君は何故か突然にヤダヤダをして動かなくなりました、




嫌がるりゅう君のリードを引っ張って滝の近くまでやって来るとりゅう君は滝に背を向けて逃げる気満々?です、りゅう君はここへは何度も来ていますが今回は水量が多くて物凄い音を出して水が落下しているのでちょっとビビッているみたいです、




りゅうママが抱っこしても手足をバタつかせてとっても怖がっています、




台風の豪雨の影響で増水した川からは物凄い勢いと轟音で水が落ちていましたがこんな光景を見るのは初めてです、この迫力ある光景を見たら東洋のナイアガラといわれているのも納得ですね、




原尻の滝の上流部は普段は車も通れる遊歩道兼車道がありますが勢いを増した濁流は道路を乗り越えて滝を目指して流れています、




そして舞い上がった水しぶきが凄くて虹もかかっていました、本当はこのすぐ下流にある吊橋から滝を撮影したかったんですが水しぶきで近づけませんでした、普段の原尻の滝の様子は ここ をクリックして下さいね、




道の駅・原尻の滝を出発したら次は道の駅・清川に寄りました、ここは営業をしていたのでりゅうママはさっそくスタンプをゲットです、でも道の駅・原尻の滝からここはとっても近いのに一方は営業をしていてもう一方は臨時休業なんて何だかなぁ~って感じですね、




ここもお家から近いので何度も訪れていますがこんな看板があるのは全く気付きませんでした、2年連続で一位ってすごいですね、




りゅうママはスタンプを押したらさっそくソフトクリームをお買い上げです、ここはブランド桃のクリーンピーチがとっても有名で右はクリーンピーチを使ったももソフトです、そして左はりゅうママが注文したこの時季だけ限定のクリーンピーチが丸ごと入っているスーパーももソフトです、




そして物産館にはこんなネーミングの日本酒があったのでこれもお買い上げです、ここは平成の大合併までは大野郡清川村と言っていて祖母山系を源流とする奥嶽川の清流とマムシの養殖で有名だったんですよね、




ソフトクリームを食べ終えて道の駅・清川を出発したら次は道の駅・大野を目指しますが途中には豊後のナイアガラともいわれる原尻の滝と肩を並べる大きさの沈堕(ちんだ)の滝があります、




ここは室町時代の水墨画家として有名な雪舟が描いた鎮田(ちんだ)瀑図で有名な名瀑でしたが明治時代にすぐ下流に水力発電所が出来て昔の名瀑の面影は無くなりましたが今日の沈堕の滝はいつも違ってこんなに荒々しい姿をしていました、過去に訪れた時の記事は ここ をクリックして下さいね、




沈堕の滝を出発したらすぐに道の駅・大野に到着します、でもここは道の駅・原尻の滝、清川と違って中九州道の大野ICのすぐ近くにあって隣にはスーパーマーケットもあるこの辺りでいちばんの繁華街?なのに駐車場には車が全く停まってなくてちょっと嫌な感じです、




物産館へ行ってみると案の定台風の影響で臨時休業でした、ここまで豊後大野市で4つの道の駅に寄りましたがその内二つが臨時休業でした、




道の駅・大野では残念ながらスタンプを押せませんでしたが豊後大野市にはまだもうひとつ道の駅・三重があるのでそこを目指してカーナビに最短距離を設定して出発するといきなり農道の標識が現れました、




でも農道の割には二車線の立派な道路で近道が出来るならまぁいいかって事でこの道を進む事にしました、




この農道からは道の駅・三重がすぐ前方の高台に見えていてすぐにでも到着しそうな感じでしたが・・・




途中から徐々に道が狭くなってきて車一台がやっと通れるほどの道幅になりました、もし対向車が来たらどうしようかって不安ですよね、カーナビでの最短距離の設定ってこんな道を通る事がよくあるので要注意なんですよね(笑)




運よく対向車にも会わずに道の駅・三重に到着しました、ここは豊後大野市に五つある道の駅で最後の場所です、りゅうママはここでもスタンプをゲットしましたが五つの道の駅に寄ってスタンプが三個って確立が悪いですね(笑)
 
 
 

 道の駅・三重からお家までは一般道でも数十分の距離なのでノンストップでお家を目指します、帰り道でのりゅう君は相変わらずウトウトですが耳だけはしっかりと立てて周りの様子を伺っているみたいです、
今回はたまたまスタンプラリーで豊後大野市の道の駅に寄ったら普段は見る事ができない豪快な原尻の滝と沈堕の滝を見れてラッキーでした。









PR
Comment
1
緒方町・・・いいところだねぇ〜、りゅうくん。
こういうところをカランコロンと、ゆったりと
3〜4日、ぶらぶらするのは良い感じですよねぇ〜。
滝、凄いですね、この日は、朝から会社でしたが、
玄関出たら、怖くて出られませんでした、で、1時間遅れで出勤!
大変でした。

りゅうくん、怖いでしょうね、大きな滝の音は、家だったら
180度開店でしらぁ〜とした顔で戻りますよ(大汗)

RE.1
こんにちは、びびさん
緒方町の道路沿いの水路はとっても雰囲気が良くてちょっと津和野のような感じですが観光地じゃないので普通の民家ばかりなのが残念ですね(笑)
この日は滝を見るつもりは全く無くてりゅうママのスタンプラリーに協力して出かけましたが思わぬ光景が見れてラッキーでした、
でもりゅう君じゃなくてもあの濁流と轟音は私でもちょっとビビりましたよ(笑)

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R