忍者ブログ
これから大分県佐伯市の仙崎つつじ公園を目指します、
 

国道10号線を県南方面へと向かう車中でのりゅう君は前方を眺めながらとっても嬉しそうな顔?をしています、でも変な顔だね(笑)
  
  
   

佐伯市へ入って最初の休憩は道の駅やよいです、ママはここの特産の生姜を使ったハニージンジャーソフトをお買い上げです、ママは本当にソフトが大好きだからね、
 
 
 

道の駅やよいを出発したら山越えの道で蒲江町の仙崎つつじ公園を目指しますが山へ入るすぐ手前にはこんな幟や看板がたくさん立っていました、ここに住んでる人にとっては深刻な問題だろうけどワンコを飼ってる身としては複雑な心境ですね、
 
 
 

山道へ入るとこんなに鮮やかな新緑が見えてきました、この季節はどこへお出かけしてもきれいな景色ばかりだね、
 

 

新緑を眺めながら山道を15分も走ると海へ出ます、ここは大分県最南端の町、蒲江町です、ちょっと広い港に車を停めたらりゅう君のお散歩です、ここまでクネクネの山道を走って来たからね、




車から降りたりゅう君はさっそくかっ飛びです、




港でのお散歩が終わって海岸沿いをしばらく走ったら仙崎つつじ公園の文字が見えてきました、民家の塀にこんな大きな看板がかけられてるって事は見頃のフジツツジが期待できそうだね、




でもこの先の山の上に仙崎つつじ公園はあるみたいですが道路はこんなに狭いし、右のお家にはりゅう君の苦手な日本犬が睨みを効かせています、
 
 
 

山道に入ると道路はさらに狭くなり車1台がやっと通れる道になりました、しかもこの道が3kmほども続きます、せめて公園の入口に注意書きでもあれば運転が苦手な人は助かるよね、一旦この道に入ったらすれ違い場所もほとんど無くて、Uターンして戻る事も出来ないからね、




何とか対向車に会わずに仙崎つつじ公園に到着して一安心です、




ここはとっても見晴らしのいい公園で今見えてるのは宮崎方面の景色です、でも空気が霞んでいるのがちょっと残念だね、




ここにはこんな石碑もありました、”豊後の一心太助” って演歌歌手の鳥羽一郎さんの歌で歌詞の中に仙崎・蒲江ってここの地名が出てきます、でも鳥羽一郎さんって言えば同じ佐伯市の港町を唄った ”男の港” のほうが有名だよね、




しばらく公園の広場でお散歩をしていたら ”つつじ園入口” の標識があったのでさっそく行ってみます、




ここでは5万本のフジツツジが4月下旬から5月上旬にかけて見頃だと新聞に載っていたのに、もう散ってしまったようで全く花がありませんでした、公園への入口に開花状況でも表示してくれていたら狭い道をビクビクしながら登って来る事もなかったのにね、




でも広場の反対側にはヒラドツツジ?がまだ花を付けていたのでこちらの遊歩道をお散歩します、




この遊歩道には橋が架かっていて好奇心旺盛なりゅう君は下を覗き込んでいます、今にも落ちそうなほど身を乗り出しているけど怖くないのかな?




橋を渡ると遊歩道はすぐに上り坂になっていて、りゅう君は必死で丸太を乗り越えています、




この遊歩道はところどころに柵の途切れた所があって、一歩足を踏み外せば断崖絶壁を転落しそうです、

 


長い上り坂を登ってやっと最後の階段までやって来ました、この階段は苔むしたコンクリート製で何かの遺構のようでした、




階段を登り切ったところが頂上でここには太平洋戦争中に砲台を建設してたそうですが完成する前に終戦になったそうです、




ここからは仙崎つつじ公園が真下に見えます、




砲台跡のギリギリのところまでママとりゅう君は景色を眺めてに行きましたが、ママは全然平気なのにりゅう君は怖くてヘッピリ腰になっています(笑)




ここには3つの砲台跡があってりゅう君は階段を下って次の砲台跡へと向かいます、




ここが3つある砲台跡の真ん中です、大分県は海上交通の要所で瀬戸内海へと通じる豊後水道に面しているので戦争中は鶴御崎砲台や丹賀砲台豊予要塞砲台などが築かれていました、




仙崎つつじ公園を出発したらまた狭い道を下ります、こんな狭い道が3kmも続くって事前に分かってたら絶対に来なかったのにね(笑)




佐伯市からお家への帰り道は東九州道を通ります、一般道の国道10号線だと急いでも1時間以上はかかるけど高速だと30分足らずだからね、




高速に乗ったらりゅう君はシートをガサゴソしてもう寝床作りをしています、今回のお出かけでは残念ながら見頃のフジツツジは見れなかったけど、とっても楽しいお出かけでした、でもあの狭い道を通る事はもう無いかな・・・(笑)












PR
Comment
1
ほんとうに、酷道ですねぇ〜、りゅうくん。
私なら、察知していきませんよぉ〜(笑)
しかし、りゅうくん、しっかり丸太の階段を登っていますねぇ〜。
家のランなら、端っこをとことことズルをします。
険しい道は、避けて通る性分らしい(大汗)
なんだかなぁ〜???

仙崎といえば、かまぼこといいたいところですが、佐伯ですかぁ〜?
表彰式の時にしかいっていません。
高速が、しっかり出来て、泊まれるところがあれば…
行きたいですねぇ〜、ほんとに行きたい!!!

RE.1
こんにちは、びびさん
仙崎つつじ公園へは私たちも初めて行きましたが、大分県では割と有名なところなんですよ、でもあの狭い道路ですからリピーターはまず居ないでしょうね(笑)
つつじ祭りの時には交互片側通行にするそうですが、道路工事の時に使ってる仮設信号でも設置すればありがたいんですけどね、

東九州道の佐伯⇔蒲江は今年度中に完成しますよ、ここが開通したら大分市⇔宮崎市、鹿児島市は高速で繋がりますから楽しみですねぇ~
でも豊前の辺りは用地買収が遅れてるって新聞に出ていたので北九州市はまだまだ遠いですねぇ~(笑)

長門市仙崎、いいところですよね、りゅう君ともう一度あのきれいな海を見たいですね、

2
対向車がなくてよかったですね
今年はいつまでも寒かったので、花も遅いかと思ったら、
ツツジは例年どおりだったんですね
離合のできない一本道が3キロも続くと、運転もハラハラ (^^ゞ
こんなに大変な所へたどり着いて、ツツジが終わっていたのは残念でしたね
でも、砲台跡地という貴重な遺跡が見られたのはラッキーでした!(^^)!
それに新緑がとてもきれいです
りゅうくんのへっぴり腰、笑えますよ~

RE.2
こんにちは、トリテンさん
佐伯市の観光地をネットで調べたら、仙崎公園のフジツツジは5月上旬まで見られるって書いていたし、新聞でもGWの見所にここが載っていたのでお出かけしたのに全く花が無いなんて・・・
道路の狭さもすごかったです、車1台がやっと通る幅でしかも急カーブの連続で先は全く見えないし、公園に着いてしばらくしたら2台の車が来たんですが、どちらの運転手さんからも他に広い道は無いんですか?って聞かれましたよ(笑)

観光名所として売り出すのならせめて道路は整備して欲しいですね、これで砲台跡が無かったら私もりゅうママもブリブリ言いながら山を下ってましたね(笑)

3
無題
道路、狭かったですね。
パパなら「信じられない~っ」と言いそう(笑)
せめて一方通行とかにしてほしいものですね。
しかもつつじが大半散ってたなら、人によっては苦情になりそう…。
我が家なら砲台跡までいかないかもしれません。
急に暑くなったから一気に散ったのかもしれませんね。
それにしても対向車と出会ってたら…と思っただけで恐ろしい(・_・;)


RE.3
こんにちは、信歩さん
あんな狭い道が3kmほども続く先に公園を造っていったい誰が行くんだろって思いますね、しかも佐伯市の観光案内等でも道が狭くすれ違いも途中で戻る事も出来ない事は一言も書いてないんですよねぇ~
公園には立派な石碑やステージ、トイレもあってお金をかけてるなって感じですが、道中は整備されていない林道?みたいでいかにもお役所仕事って感じですね、
私たちが行った時に宮崎ナンバーの車が1台停まってましたが無事に帰れたかちょっと心配ですね、悪いイメージを持たれた事だけは間違いないでしょうね(笑)

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R