忍者ブログ
今回は開花を迎えた臼杵石仏のハスの見物に出かけました。
 

臼杵石仏へは激しい雨の中を国道10号線 ⇒ 県道25号線 ⇒ 国道502号線経由で臼杵市へ出かけました。画像の建物は臼杵石仏の入口にあるお土産屋さんです。石仏見学の駐車場はもう少し手前にありますが、ハスの見物にはお土産屋さんの横を通ってさらに奥へと進みます。
 
 
 

お土産屋さんを通り過ぎてハス見物の駐車場に着きましたが、未舗装の駐車場は雨でぬかるんでいてたくさんの水溜まりができていました。画像の右端に小さく写っている建物は先ほどのお土産屋さんです。
 
 
 

水溜まりを避けるように車を停めたら、これから木製の階段を登ってハスの見物に向かいます。
 
 
 

雨はまだ激しく降っていますが、ハス見物の遊歩道はウッドデッキのようになっているので足元が汚れることもなくゆっくりと見物ができます。
 
 
 

ここへはりゅう君と一緒に何度も訪れていますが、今年はハス畑の周りにネットが張られてその中をたくさんのカモが泳いでいました。




臼杵石仏のハスは例年7月上旬から8月中旬にかけて見頃を迎えますが、毎年花が咲き始めると、やっと夏が来たなぁ~って感じがします。




ここには5種類のハスが植えられているそうですが、なかには大賀蓮(古代ハス)といわれる2千年前の縄文遺跡から発掘された種を蘇らせた世界最古のハスもあるそうです。




臼杵石仏のハスはまだ咲き始めたばかりなので咲いている花はチラホラで蕾が目立ちますね。




今回は蕾ばかりが目につきましたが、過去にはりゅう君と満開の時季に訪れたこともあるので、過去の記事 もクリックして下さいね。




この日は大雨が降っていたので、せっかく咲いた花も雨の勢いに負けてこんな状態ばかりでした。




ハス畑から臼杵石仏(磨崖仏)を代表する大日如来像のある古園石仏群の覆屋を眺めた光景です。臼杵石仏の石仏群については 過去の記事 をクリックして下さいね。




激しく降る雨は上を向いたハスの大きな葉っぱの中央部に溜まってたくさんの水玉を作っていました。




そして水玉の重さに耐えられなくなったハスは徐々に茎を傾けて水滴が一気に流れ落ちます。こんな光景がハス畑のあちこちで見られました。




ハスの鑑賞をしているとハス畑の隅っこにカモのエサと書かれた手作りのこんな小箱がありました。




箱を開けてみると中にはプラケースに入った小さく切られたパンの耳が入っていました。




協力金を払ってパンの耳をカモにあげるとカモたちは大喜びで駆け寄って来て我先にとエサを食べ始めました。
ハスの鑑賞が終わったら、先ほどのお土産屋さんの2階にある 『郷膳 うさ味』 でこの時季限定の蓮料理をいただきます。



         ランキングに参加しました。ポチっと協力をお願いします。
   
            にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
            にほんブログ村     にほんブログ村







PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[07/18 ろびんママ]
[06/11 ルビたんママ]
[06/08 ろびんママ]
[06/06 ろびんママ]
[05/17 おばやん]
[05/16 ろびんママ]
[05/09 nicoママ]
[04/29 ろびんママ]
[04/20 nicoママ]
[04/17 ろびんママ]
アーカイブ
P R