忍者ブログ
     にほんブログ村ランキングに参加しています、ワンクリックにご協力をお願いします。  
                         にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ  

                         


今日は天気予報では一日中雨になってたから近場にお出かけだよ、

resize62692.jpg今は雨があがってるけど、今日はどこに出かけるんだろうね、



resize62698.jpg雨が止んでる間にちょこっとでもドライブをしようと、東九州自動車を通って臼杵市を目指しました、



resize63327.jpgお家から臼杵市までは、宮河内ICから高速に乗って臼杵ICまで1区間だから料金は休日割引で250円だよ、安いもんだね、



resize62707.jpg臼杵石仏のある臼杵市深田へやって来ました、ここは夏には古代ハスがとってもきれいなところだけど、この時期は芝桜がきれいに咲いてるよ、去年の夏の古代ハスの記事は ここ をクリックしてみてね、



resize62719.jpgここへは何度も来てるんだけど、石仏の見学はまだ一度もしたことが無いんだよねぇ、パパたちはいつもここから望遠でタダ見だったからね(笑)、



resize62754.jpgこれから石仏見物をするので、まずは料金所でワンコOKか確認です、



resize62759.jpgワンコの見学はOKだよ、それにバッグじゃなくて歩いてもいいんだって、助かるよねぇ、



resize62763.jpgさっそく歩いて見学開始だよ、ここに受付があってこのすぐ上に臼杵石仏群があるんだって、パパ達は子供の頃から何度もここへ来てるからよく知ってるよね、



resize62769.jpg受付のすぐ先はこんな坂になっています、奥のほうには最初の石仏群の建物が見えてるよ、



resize62793.jpg最初の石仏群に到着です、大きくて立派な観音様が岩に彫られていました、



resize62792.jpgここはホキ石仏第二群って言うんだね、



resize62780.jpg臼杵石仏って平安時代から鎌倉時代にかけて岩肌に彫られた石仏で、その規模と数から日本を代表する石仏として、60数体ある石仏のうち59体が国宝に指定されてるんだって、ちなみに正式には臼杵石仏じゃなくて臼杵磨崖仏って言うそうで、磨崖仏で国宝になってるのは日本中でここだけなんだって、



resize62775.jpgホキ石仏第二群の前には観音の水ってのがありました、



resize62786.jpg山道を歩いてる途中で飲む水ってのは美味しいんだよね、



resize62795.jpg観音の水を飲んで喉の渇きを癒したら、次の石仏群のホキ石仏第一群(堂ヶ迫石仏)へ行きます、



resize62798.jpg階段を登ろうとしたら横にこんな看板がありました、ひえぇ~、もう暖かくなったから出てくるのかなぁ、



resize62821.jpgホキ石仏第一群に到着です、



resize62808.jpgここには他の石仏群と違って、小さいけど風化してなくてきれいな状態の石仏がありました、



resize62845.jpgさらに先へと進んで、山王山石仏に到着です、ここには3体の石仏があります、



resize62831.jpg真ん中の石仏はちょっと童顔のような顔立ちだったけど(笑)とっても大きな石仏だったよ、



resize62847.jpgさて、次の石仏群を目指して出発です、



resize62842.jpg臼杵石仏は谷の両側にあるので、歩道の途中からホキ第一石仏群の建物が見えました、緑に囲まれた中に石仏群があって、晴れていれば新緑がとっても鮮やかだっただろうね、



resize62857.jpgさらに進むと地面にこんな案内がありました、ここは山の中だけど車椅子専用の歩道もあって体の不自由な人でも見学が出来るよ、次は臼杵石仏を代表する古園石仏だね、



resize62863.jpg古園石仏の近くにはこんな長くて急な階段がありました、りゅう君はとっても興味深そうに眺めています、もしリードを離したら一気に駆け下りるでしょうね(笑)



resize62871.jpgやっと古園石仏が見えてきました、



resize62929.jpgここでは大日如来座像を中心に10数体の石仏がズラリと並んでいるのが見えます、



resize62881.jpg臼杵石仏って言ったら、やっぱり古園石仏の大日如来坐像が一番有名だよね、観光ポスターには必ず出て来る石仏だよ、



resize62882.jpg中央の大きな石仏が大日如来坐像です、



resize62906.jpgこの切れ長の目と半月形の長い眉、引き締まった口元が、木彫りの像のような繊細さで、日本の石仏を代表する美しさなんだって、



resize62901.jpg大日如来坐像の前には小さな複製の大日如来像の頭部がありました、パパたちはこっちの方が臼杵石仏の大日如来像らしいねって言ってました、



resize62938.jpg何故かって言うと、パパたちが子供の頃は、落ちた頭部が胴体の前に置かれていたんだって、この写真はその当時のものだよ、この石仏を修復する時にも頭部を元に戻すかそのままにしておくかで、かなりの議論になったんだって、



resize62910.jpgそれにパパたちが小さい頃は、風雨を避ける覆いも無くて雨ざらしになってたそうです、その為か?この石仏群は下半分が風化して無くなってるよね、



resize62888.jpgりゅう君も大日如来坐像の見学です?でもりゅう君、反対を向いてて見えるの?



resize62920.jpgなんだか眠そうな目をしているような気も・・・



resize62921.jpgやっぱり眠たいのかな?横になってしまいました、それじゃあ、そろそろここを退散しないとね、



resize62926.jpg帰り際にこんな看板を見つけました、リストラ除けだって、今風だね、臼杵石仏を出発したら大分市内へと戻って、ちょこっとお散歩をしてからお家へ帰ります、



                  ランキングに参加しています
       ブログ更新の励みになるのでワンクリックにご協力をお願いします。               
                        ↓  ↓ ↓
                                                          にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     
                       にほんブログ村








 
PR
Comment
1
緑が深いですね〜、りゅうくん
いつも望遠でした?(笑)
わたしも1度いきましたが、いいところですね。
国東は落ち着いていい所ですが、いくまでの道が
狭かったり、険しかったりですね。
よく、大きなバスを運転できるもんだと感心していました。
たこのステーキもどこかで食べました(笑)

RE.1
こんにちは、びびさん
臼杵石仏は小学生の頃の遠足を含め、何度も行っているので、ここは臼杵方面へお出かけした時の、りゅう君のお散歩専用場所なんですよ(笑)

ここは国東と違って高速を降りてすぐの臼杵の街の近くにあり、狭い道も無いし、気軽に行けますよ、

国東、姫島はタコが有名ですから、もしかしたら道の駅・くにみ 辺りで食べたんじゃないでしょうか?

2
きれいに整備されましたね。
りゅう君、春のファッションですね。
私が行った頃も大日如来像の頭部は前に置かれていました。もうどれほど行ってないのかバレてしまいますね。この頭部からは臼杵せんべいを連想します。
屋根や通路も立派になっているんですね~。

RE.2
こんばんは、トリテンさん
臼杵石仏は、りゅう君が我が家にやって来てからも何度か行っていますが、いつもお散歩だけで今回初めてりゅう君連れで石仏見物をしました、
大分に住んでる者としては、やっぱりあの前に置かれた頭部のほうが印象的ですよね、
それにしても国宝の磨崖仏はここだけで、しかも59体が国宝なんて臼杵石仏ってすごいところだったんですね(笑)

3
臼杵石仏
ワンコOKだったんですねっ。
先だってTVで石仏周辺の芝桜の映像をみました。
女房が今度の日曜日に行こうか・・・・って話をしてたんですが国宝の石仏が鎮座されてるからペットは不可かな?と思っていました。
でも日曜日は急な出来事の為出かけることはできませんでしたが・・・・

臼杵には5年ほど通勤しました、石仏周辺のアクセス道路も拡幅されて立派になってますね~。
ローラの主治医が臼杵ですから事件(?)があれば即、臼杵直行です。(笑)

RE.3
おはようございます、ローラ・パパさん
神社、仏閣等の神聖(?)なところはペットNGのところが多いですよね、
護国神社の境内にも大きくペット禁止って書いてたし、両子寺も建物内はNGでしたね、でも明確にペットNGになってないところでは結構粘ってOKをもらいます(笑)特に県外の場合はわざわざ大分から来たんだからって粘りますよ(笑)、金子みすず記念館はこの手で入りました、

石仏周辺はほんとうにアクセスがよくなりましたね、以前は古い家並みが道路の両側にありましたよね、東九州道が出来て県南地方がとっても近くになりましたね、

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R