忍者ブログ
耶馬渓を出発したら帰りは高速に乗ってお家を目指します、


東九州道の中津ICから高速に乗ったら大分道の別府湾SAでりゅう君は今日最後のお散歩です、ドッグランでりゅう君が遊んでいる間に別府市街のほうを眺めたたらイージス艦・こんごうが見えましたが周囲のビルと比べたらこんなに大きな船なんですね、

  
 

ここから先の記事は中津市へ行く途中に見た停泊中のイージス艦・こんごうと翌朝の出港時の様子を載せています、




中津市へ行く途中で別府国際観光港に寄ったらりゅう君はりゅうママの握っているリードを引っ張りながら力強くお散歩開始です、でもりゅう君の周囲には枯れた草がたくさん放置されていました、




歩道を見たらこんな状態でした、10日ほど前にここへ護衛艦・すずつき を見に来た時には草ぼうぼうで歩道を歩けないほどだったのにこんなにきれいに草刈りをされていました、刈り取られた草が乾いたら処分するんでしょうね、




護衛艦・こんごう が接岸している岸壁までやって来ました、こんごうは艦内の一般公開もしていましたが一度見学をした事があるので今回は外から見るだけです、でもりゅう君はこれまでにもたくさんの護衛艦を見たり乗船したりしていますがイージス艦を見るのはこれが初めてです、




イージス艦・こんごう は現在海上自衛隊が保有している6隻のイージス艦のなかで最初に配備された船でアメリカ海軍以外の国では初めて配備された船です、ちなみに値段は1200億円以上もするそうです、
 

 

イージス艦の船首の錨は通常の護衛艦が左右に二つあるのに対して先端部にひとつだけです、これは船首下部の水面下の見えない部分に潜水艦を探知するバウソナーが大きく突き出しているので錨や鎖との接触を避けるためです、そして今は完全に格納されている錨ですが出港時には少し状態が変わるので覚えておいて下さいね、




甲板上では女性自衛官が若い隊員に何か指示を出しているように見えました、
 
 
 

最近では女性自衛官の乗船した護衛艦をよく見るようになりましたね、先日別府に寄港した練習艦・せとゆき も艦長は女性でした、
 
 
 

画像の右に見えるのは127mm速射砲です、そして左側の白い筒のようなものはファランクスといわれる20mm機関砲です、それ以外にも画像には写ってませんがVLSといわれる垂直発射式ミサイルを90基も搭載しています、
 
 
 

そしてイージス艦こんごうのいちばんの特徴はこの巨大な艦橋の斜め正面にある六角形のSPY-1Dといわれる対空用多機能レーダーです、イージスとはギリシャ神話に出てくる最高神のゼウスが娘に与えた万能の盾(胸当)の事でイージス艦はコンピュータ制御によって同時に多数の目標に対処できるイージスシステムを搭載している最強の戦闘艦です、

 
 
 

 艦首には日の丸が掲揚されていました、
  
  
  

後ろから見たイージス艦・こんごうです、 
 
 
 

艦尾には海上自衛隊の自衛艦旗として使用されている旭日旗が翻っていました、この旗は自衛隊旗として世界に認められていますが何故か一部の国だけは訳の分からないイチャモンをつけてくるので困ったものですよねぇ~(笑)
  
  
  

この艦橋を含む上部構造物の巨大さを見てもイージス艦が他の護衛艦と違うのがよく分かりますよね、
 
 


翌朝もイージス艦・こんごう の接岸している岸壁に行ってみると船首の錨が前日に比べて少し下がっていました、これは吊錨といって出港時などに万が一の事があったらすぐに錨を降ろせるように準備をしているからです、錨がこの状態になっているって事は間もなくこんごうは出港するようですね、
 
 
 

そしてマストにはこんな旗が揚がっていました、この旗は指揮官旗と呼ばれるもので桜が二つ描かれているのは海将補旗といわれています、
 
 
 

岸壁では作業服姿の隊員がビットと呼ばれる岸壁に埋め込まれたロープをかけるための杭からもやい綱を外そうとしているところでした、
 
 
 

そして甲板上では外されたもやい綱を数名の隊員が手作業で手繰り寄せて八の字形にきれいにまとめていました、
 
 
 

いよいよ最後のもやい綱が外されます、この時点でこんごうの乗組員は全員護衛艦に乗り込んでいるので最後のもやい綱は陸上勤務の隊員などによって外されました、
 
 
 

もやい綱を解かれたこんごうはタグボートに引っ張られて徐々に岸壁から離れていきます、
 
 
 

甲板上では隊員が一列に並んで帽子を振る登舷礼(とうげんれい)が行われています、そして画像では分かりませんが軍艦マーチが流れていました、
 
 
 

タグボートに引っ張られたこんごうは90度回転して船首を岸壁側に向けました、
 
 
 

そして左のタグボートはこんごうの船首部分を沖へ押して、右のタグボートは艦尾部分を岸壁側に引っ張ってこんごうは180度向きを変えました、
 

 

沖へと向きを変えたこんごうは2隻のタグボートを従えるようにして自力で港から出て行きます、
 
 
 

両側にいたタグボートが離れるとこんごうは徐々に速度を上げていきます、




こんごうは港外へ出るとスピードを上げてあっという間に小さくなって別府湾から出て行きました、向こうに見えているのは佐賀関半島です、




今回は前日の中津方面へのお出かけに続いて翌朝も早くからイージス艦・こんごうの出港を見に別府国際観光港へお出かけしたのでりゅう君はちょっとお疲れ気味のようです、
でも次の週末はまた別府国際観光港に潜水艦救難艦・ちはや と 練習艦・せとゆき が寄港するので別府湾は護衛艦ラッシュですね(笑)










PR
Comment
1
りゅうくん、ぎりぎりまで?怖くない??
あぶないよ、落ちるとパパさんもあぶないですからね。
最近、水の事故が多くなる季節ですので・・・。

女性艦長・・・かっこいいですね。
アメリカのテレビのようですね(笑)
かっこいいなぁ〜、時代は変わりましたねぇ〜(笑)

暑さにも負けずりゅうくん、パパさんの趣味に同行!
凄いナァ〜、ここは、貸しを作りましょうね、お芋のために(笑)

RE.1
こんにちは、びびさん
最近別府湾に立て続けに護衛艦が入港しているのでお出かけする暇がありません、築城基地にも行きたいんですがしばらくは行けそうに無いですね、
女性自衛官かっこいいですよね、つい超望遠でカメラを向けてしまいます(笑)

以前はりゅう君と一緒に護衛艦の艦内見学をしていましたが最近はセキュリティーチェックが厳しくて危険物?のワンコは受付のボディチェックで引っかかるのでいつも車でお留守番です(笑)

2
無題
昨日、別府港の前を通りかかったら、同じような艦が停泊していました。
近くまで行かなかったのですが、これだったのでしょうか?
翌朝出航したというのなら違いますね?


RE.2
こんにちは、トリテンさん
実は昨日、一昨日と二日連続で観光港へ行ったんですよ、
今回寄港したのはイージス艦ではなくて『潜水艦救難艦・ちはや』と『練習艦・せとゆき』です、
昨日は出港の様子を見に行ったら数十人の高校生らしき男女が大きな荷物を持って下船するところでした、ちはやは一週間ほど前から観光港の沖に錨泊していたので夏休みの体験学習でもしていたのかもしれませんね?

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R