忍者ブログ
     にほんブログ村ランキングに参加しています、ワンクリックにご協力をお願いします。             
   
                                      にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ    



行入ダムを出発したら国東半島を縦断してお家へと向かいます、
resize82364.jpg行入ダムからさらに国東半島の中央部へと進むと両子トンネルがあります、
あれっ、このトンネル通った事があるよ、今年の1月に両子寺にサザエさんのオープニングに出てた仁王像を見に行った時に通ったトンネルだよ、
その時の記事は ここ に載ってるんだけど、両方の入口で違うレリーフだよ、



resize82366.jpgさらに先へ進むと今度はこんなトンネルがありました、国東半島のトンネルはとっても賑やかなトンネルばかりだね、



resize82455.jpg走水トンネルを抜けたらすぐに左折して県道31号線へと入ります、この辺りからは国東半島の中央部を過ぎて長い下り坂になります、そして道路沿いにはたくさんの交通標語が見えてきます、意味が分かるかなぁ~?



resize82375.jpgしばらく道なりに進んで行くと、道路上にたくさんの車が停まっていて片側一方通行の規制をしていました、この辺りは人家もそんなに多くない山の中なのに何でだろうね?

resize82445.jpgそう思って遠くのほうを見たら、どうやらお祭りをやってるようでした、なんだかとっても賑やかで楽しそうだね、



resize82451.jpgパパが白髭田原神社でどぶろく祭りをやってるから車を道路上に停めて見学するんだって、でも僕は車で留守番だよ、ワンコ禁止じゃないのにぃ~



resize82431.jpgそれにしてもたくさんの車が道路上に停められてるよね、この辺りには駐車場が無いから2車線の道路の片側1車線を駐車場にして、一方通行規制にしてるみたいだね、



resize82439.jpg沿道にはたくさんの露店も出て大賑わいでした、稲刈りも終わって農家の人たちにとっては1年に1度の楽しみの秋祭りの真っ最中って感じだね、



resize82381.jpg白髭田原神社までやって来ました、ここへは両子寺へ行く途中にも寄ってるからその時の記事は ここ をクリックしてみてね、



resize82382.jpg鳥居のすぐ近くでは地元の若い人たちが餅つきをしていました、



resize82421.jpg神社の境内にはたくさんの人が居て大賑わいでした、今年の冬に来た時はまったく人の気配が無くて寂しいところだなぁって思ったんだけどね、



resize82410.jpgここでは毎年この時期に特別の許可を得て、地元の人達がどぶろくを1500リットル(ドラム缶で8本)も仕込むそうです、そして一般の人たちにどぶろくが振る舞われていました、でも運転者は飲酒禁止なんですよねぇ~



resize82412.jpg本来はその場でどぶろくを飲むんですが、車の運転手だけには引換券を渡していてお持ち帰りもできるんですが、この日は祭りの最終日でしかも昼過ぎに到着したので残念ながら引換券はもらえませんでした、どぶろくが底を尽いたんでしょうね?



resize82400.jpg子供たちもたくさんお祭りに参加していました、でもどぶろくは飲めないよね、



resize82424.jpgお祭りの人たちで大賑わいのなか、仁王像だけはいつもと変わらず静かに佇んでいました、



resize82426.jpg2車線の道路を延々と片側通行止めにしてお祭りを行うなんてこの地区にとっては年に一度の大事で楽しみなお祭りなんだろうね、



resize82448.jpgやっとパパが戻って来ました、1時間以上はお留守番してたからとっても退屈だったよ、



resize82475.jpg白髭田原神社を出発したら県道31号線から県道49号線へと曲がって空港道路の杵築ICを目指します、途中にポケットパークはだかた の標識が見えてきます、



resize82463.jpgここには波多方トンネル直売所の『里の駅・いちみらんかえ』 があります、でもこの日は何故かお休みでした、以前ここへ来た時には2~3人のおばあちゃんが居たんだけどこの人たちもどぶろく祭りに行ってるのかな?



resize82460.jpgここはあまりお散歩出来る場所が無いんだけど1時間以上も車でお留守番をしたからちょっと長めのお散歩だよ、



resize82472.jpgお散歩が終わったらちょっと休憩です、



resize82487.jpgポケットパークはだかた を出発したら空港道路の杵築ICから高速に乗り、宇佐・別府道路、大分自動車道を経由してお家へ帰ります、行きと同じルートを逆に走るんだね、



resize82501.jpgしばらくしたら、宇佐・別府道路から大分自動車道へと入ります、



resize82511.jpgいつものように別府湾SAでお散歩だよ、ランの中では2匹のワンちゃんがお出迎えだよ、



resize82517.jpgと思ったら2匹じゃなくて、このおばちゃん5匹ものワンちゃんを連れてたよ、



resize82523.jpgこれじゃ僕も負けちゃいそうだから、残念だけどランでのお散歩は諦めてお家へ帰る事にします、



resize82538.jpg今回はお家へ着いてから近所の公園で最後のお散歩だよ、
でも今日も一日楽しいドライブでした。


                  ランキングに参加しています
       ブログ更新の励みになるのでワンクリックにご協力をお願いします。               
                      ↓  ↓ ↓
                                    にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ      にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
                      にほんブログ村





PR
Comment
1
運転だから祭りの楽しみが、少ないねぇ〜、りゅうくん(笑)
食べられないのと違い、飲めないのは、もっと辛い(笑)
りゅうくんにはわかるかなぁ〜、
わかんないだろうなぁ〜、いぇ〜い(汗)
りゅうぱぱさんの肝臓は強靱なようですね、うらやましいですよ。
1時間待っても、良い季節になりましたので、よかったですね。
やっぱり、夏は夏眠ですね。
早くいっしょのお休みになればいいのですが…(笑)

RE.1
こんにちは、びびさん
いやぁ~、飲めないのは本当に辛いですねぇ(笑)

りゅうママが一緒だったら飲んでも運転を替わってもらえるんですが、りゅう君じゃ何の役にも立ちませんねぇ(笑)

午前中までは持ち帰り用どぶろくの引換券があったそうですから、こちらから国東半島へと向かえばよかったです、来年は祭りの初日に行ってどぶろくをゲットです、
やっと車でのお留守番も安心な季節になってきましたね、

りゅうママと休みが一緒になっても、りゅうママの両親がどちらも要介護状態なのでなかなかお出かけは・・・です。

2
無題
どぶろく祭りは年々賑やかになっているようです。
来年はペットボトル持参ですね。
私の知り合いがこの村の出身で、30年も前に「どぶろく祭りがある」と聞いた頃には「ふ~ん」と思った程度でしたが、数年前に友達が行った時も、何杯もお代わりがもらえたと言っていました。

代わりにりゅう君に飲ませるわけにもいきませんしね~(笑)

RE.2
こんばんは、トリテンさん
私が見てる時にも何度も並び直して、別の人からどぶろくを注いでもらってるおじいさんが居ましたよ(笑)
1500リットルのどぶろくが2日間で無くなるんですから凄いですねぇ、

実は運転手じゃないフリをして1杯飲もうかとも思ったんですが、帰り道の距離を考えたら飲めませんでした(笑)
やっぱりこういう時はりゅうママが一緒じゃないとダメですね。

3
どぶろく飲んでみたいです
りゅうぱぱさん、こんばんは
すっかりPCから遠ざかってしまってました。
どぶろく祭り、なんて魅力的な祭りなんでしょう!
私ならその場で車中泊してででも飲んでたかも(笑
これからの季節はお留守番させても心配ないですね。
ポカポカ陽気でりゅうくんもお昼寝してたんでしょうね。
それにしてもドッグランにいた女性、上には上がいるもんです。
私もまだまだだなぁ・・・

RE.3
こんばんは、ちぇるさん
しばらくブログ更新をしてなかったので心配してましたよ、

確かに魅力的な祭りですね(笑)
私も耶馬渓でどぶろくを買って帰ってなかったら、その場で飲んでたかもしれません、車もせっかく車中泊出来るように改造してますから(笑)

別府湾SAのワンちゃん5匹連れの女性には私もビックリしました、全部オス犬のようでりゅう君に向かって吠えまくりで、りゅう君すっかりビビってましたよ。

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[09/19 ゆず茶]
[09/12 ろびんママ]
[09/09 ろびんママ]
[08/27 ろびんママ]
[08/22 びび]
[08/21 nicoママ]
[08/17 びび]
[08/10 びび]
[07/31 ろびんママ]
[07/29 びび]
P R