忍者ブログ
道の駅・佐賀関を出発したら佐賀関半島の先端部へと向かいます、


道の駅を出発しようとしてもりゅう君はまださっき食べたいも天の余韻に浸っているのか?こんな変な顔をして舌を出しています(笑)
 
 
 

道の駅を出発したら30分ほどで佐賀関半島の先端部にある関崎海星館に到着しますが入口では関あじ、関さばのモニュメントがりゅう君をお出迎えです、




ここは春にはスイセンが、そしてこの時季にはアジサイがとってもきれいに咲きますが駐車場の脇にもこんなに見事なアジサイが満開を迎えていました、




そして今まで見た事がないこんなアジサイも咲いていました、真っ白なアジサイもきれいですね、




関崎海星館はレストランを併設した天文台です、建物の入口には豊予海峡の文字が見えますがこの前に広がる海は一般的には豊後水道といわれていますが豊後水道のなかでも佐賀関から愛媛県佐田岬の間の最も狭い部分は早吸瀬戸とも豊予海峡とも呼ばれています、




関崎海星館は豊後水道を挟んで四国までが一望できるロケーション抜群のところですがさらに眺望のいい先端部へと行ってみます、

 
 

関崎海星館の先は下り斜面になっていて晴れた日なら目の前に見えるはずの四国も今日は霞んで全く見えませんでした、




りゅう君は豊後水道で最も狭い速吸の瀬戸を眺めながらアジサイの遊歩道を下って行きます、先のほうに小さく見えている灯台は佐賀関半島の最先端部にある関崎灯台です、これで四国が見えたら最高だったんですが・・・




アジサイの咲く遊歩道でお散歩を続けていると草木に隠れるようにしてこんなものがありました、演歌歌手の川中美幸さんがここを訪れているんですね、


 

そしてアジサイの花に隠れるようにこんな看板もありました、ここでは驚異の渡りをする蝶として有名なアサギマダラの休憩地にするために以前から秋にフジバカマを植えていましたがこの時季のアサギマダラの大好物のスナビキソウも植えているんでしょうか?




でもいくら探してもアサギマダラはいなくて見つけたのはこんな鮮やかな色をしてアジサイの蜜を吸っているクロアゲハだけでした、




以前秋にここへ来た時にはこの辺りにフジバカマが植えてあってたくさんのアサギマダラが飛んでいたんですが今は雑草?ばかりです、過去のアサギマダラの記事は ここ をクリックして下さいね、




アサギマダラを探すのを諦めて何気にりゅうママにカメラを向けたら何とりゅうママの頭上を一羽のアサギマダラが飛んでいました、
 



やっと見つけた一羽だけのアサギマダラですが蜜を吸える花がないのか?こんな葉っぱに留まって羽を休めていました、

 
 

結局この日見つけたアサギマダラはこの一羽だけでした、もうフジバカマの花も咲いてないし南からの渡りの途中で取り残された一羽なんでしょうか、無事に北上できるといいですね、
 
 
 

お散歩が終わって車に戻りました、車内にはいも天がまだ残っていて匂いがするのでりゅう君は舌をペロリと出していも天を催促しています(笑)
ここを出発したら臼杵市へと向かいそろそろ咲き始めた臼杵石仏公園のハスを見物です。
  
  
  
 
 


PR
Comment
1
いい景色でのお散歩は、気持ちがいいねぇ~、りゅうくん。
それにしてもアジサイがきれいですね。
この時期の彩を・・・気持ちいいもんですよ。
この白いアジサイは、見たことがないですね、いろいろ作っているのかなぁ???

いも天は、おいしいですからね、ちょいとソースを
私もたまに買いますよ。

RE.1
こんにちは、びびさん
佐賀関半島のアジサイは天気のいい日に行ったら四国まで見通せてとっても見事なんですが最近は晴れていてもPM2.5の影響で空気が霞んでいて四国が見れる機会がとっても少なくなったのが残念です、
りゅうママとこの時季に桃源郷岬に行けばよかったなぁ~って話をしたばかりです、
この日のりゅう君はいも天パワーで臼杵に着いてからも元気いっぱいでしたよ(笑)

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
P R