忍者ブログ
ちょっと古い記事になりますが大分港にナッチャンWorldと海王丸がやって来たので見物に行きました、


例年なら7月の海の記念日に護衛艦が大分港にやって来るんですが今年は大分港開港50周年ということで10月末に帆船・海王丸がやって来ました、でもその数日前には同じ岸壁に高速フェリーのナッチャンWorldも接岸したのでさっそく見物に行きました、




お家を出発して20分ほどで大分港大在公共埠頭に到着してまずは公園の展望台から港の様子を見ます、




でもりゅう君を車内に残して一人で展望台へ上がったのでりゅう君はとっても寂しそうです、




展望台から岸壁を眺めたら特徴ある双胴式の船体のナッチャンWorldが接岸していました、一年ぶりに見る高速フェリーのナッチャンWorldです、




これからりゅう君のお散歩をしながらナッチャンWorldの見物をしますがりゅう君は今日も元気いっぱいですねぇ~




ナッチャンWorldは昨年の今頃も大分港へ寄港しましたがこの時には戦車や装甲車などを積み込んですっかり自衛隊の輸送艦になっていましたが今回も自衛隊の車両などを積むんでしょうか?昨年のナッチャンWorldの記事は ここ をクリックして下さいね、




ナッチャンWorldは定期航路を運航していなくて一年のほとんどは函館港に係船されているので一般の人の目に触れることは滅多に無いフェリーです、それにして何度見ても独特の船型をしたかっこいい船ですね、




でもナッチャンWorldといえば双胴式の船型も特徴的ですが何と言っても船体に描かれたこのイラストがほのぼのとした感じでいいですよね、




この楽しそうなイラストを見ているだけでもワクワクして乗ってみたくなるような感じですね、




船首部分にはアザラシに乗っている女の子が描かれてますがこの子がナッチャンWorldのイラストをデザインした女の子のナッチャンなんでしょうか?




お散歩を続けてナッチャンWorldが接岸している岸壁まで行ってみると立入禁止になっていてこれ以上は近づけませんでしたが自衛隊の車両と船体に描かれたキリンや恐竜などのイラストがなんともミスマッチな感じですね、




岸壁にはトラックやジープと並んで装甲車も停まっていました、近くにいたおじさんの話では昨日は戦車らしき車両も積み込んでいたそうです、




しばらく眺めていたらランプウェイといわれるタラップのようなものが降りてきて車両の積込みが始まりました、ナッチャンWorldは船尾にフェリー岸壁専用のランプウェイがありますが自衛隊車両の輸送を目的に一般の岸壁でも車両の積み降ろしができるように左舷側に新たにランプウェイを増設したそうです、




船尾にはこんな文字が描かれていました、ナッチャンWorldは青森県と北海道を結ぶ津軽海峡航路を運行していたフェリーですが燃料費高騰の影響を受けて運航休止になったそうです、大分県にもいくつかのフェリー航路があるのでここを走ってくれると嬉しいんですけど・・・
 
 
 

ナッチャンWorldの見物が終わって車に戻りましたがりゅう君は退屈だったのか?車に乗ると同時に大アクビです、
 

 

このりゅう君のウトウト画像はナッチャンWorldを見物に行ってから数日後に再び大分港大在港公共埠頭へ行った時の画像です、
  
  
  

公園の展望台へ上がってみるとナッチャンWorldが接岸していた岸壁には帆船・海王丸が停泊していました、海王丸は昨年の11月に別府へ寄港した時にも見物をしているのでその時の記事は ここ をクリックして下さいね、
   
   
  

前回に引き続いて今回もりゅう君の朝のお散歩を兼ねて海王丸の見物です、




今年の海の記念日には護衛艦の一般公開がありませんでしたがこの時期になって高速フェリーのナッチャンWorldと帆船・海王丸が立て続けに寄港してラッキーでした、大分港開港50周年のイベントでは9月に西大分港でミサイル艇の一般公開もあったのでその時の記事は ここ をクリックして下さいね、





ナッチャンWorldは自衛隊車両の輸送のための寄港でしたが海王丸は大分港開港50周年記念行事のイベントのひとつとしての寄港でした、翌日の記念行事では全ての帆を広げるセイルドリルが行われましたが所用により見学する事が出来ませんでした、滅多に見る事が出来ないセイルドリルなので是非見たかったんですが残念ですねぇ~




セイルドリルは残念ながら見れませんでしたが海王丸は真っ白な船体にブルーのラインと船首には女神像がある海の貴婦人といわれているとても美しい帆船なのでこれが見れただけでも満足です、




船首に取り付けられている横笛を吹く女神像の 『紺青』 です、初代の海王丸が1989年に引退した時にこの女神像は2代目海王丸に引き継がれたそうです、ちなみに初代の海王丸は富山県の富山新港の海王丸パークにて恒久係留されているそうです、




帆船・海王丸の見物も終わったのでこれからお家へ帰りますがりゅう君は今回は満足したのか?とっても嬉しそうな顔をしています(笑)











PR
Comment
1
りゅうくん、楽しそうだよねぇ〜。
いい笑顔ですね。
この笑顔が見られると、癒されますからねぇ〜。
家のランなんか、食事のときだけ満面の笑みですが、
あとは、なんかちょうだい!・・・ですからね。
普通のワンコよりたくさん食べていると思いますがねぇ〜。

りゅうくん元気で駆け回っているのが、本当に似合いますから、
これからも元気で行きましょうね。

RE.1
こんにちは、びびさん
最近のりゅう君は笑顔を見せる事が多くなりましたねぇ~
動物は人間と違って笑わないなんて言いますが私が見たりゅう君は嬉しい時にはあきらかに笑っていますねぇ~
17歳にもなると飼い主の気持ちも少しは理解できるようになるんでしょうか?
まぁ。何にしても残り少ない犬生ですからよく食べよく遊べですよ(笑)

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[10/14 ろびんママ]
[10/11 nicoママ]
[10/08 ろびんママ]
[10/04 ゆず茶]
[10/04 くらら]
[09/27 ろびんママ]
[09/19 ゆず茶]
[09/12 ろびんママ]
[09/09 ろびんママ]
[08/27 ろびんママ]
アーカイブ
P R