忍者ブログ
今年も高速フェリーのナッチャンWorld が大分へやって来たので、さっそく見物に行きました。
 

りゅう君がいた頃は毎年のように大分港大在公共埠頭へナッチャンWorld の見物に行っていました。港に着いた時にはすでに入港直前で、ナッチャンWorld は港の沖にある防波堤の目の前まで来ていました。防波堤で釣りをしていた人はいきなりこんな船が現れてビックリしたでしょうね(笑)
 
 
 

沖の防波堤を廻って大分港大在公共埠頭へ入港するナッチャンWorld です。
 
 
 

ナッチャンWorld を見るのはりゅう君が亡くなって以来で3年ぶりになります。この船は胴体が2つある双胴船で、速力が36ノットも出る超高速フェリーです。以前は青森港と函館港を結ぶ民間フェリーでしたが、今は防衛省と輸送使用契約を結んで自衛隊の輸送船として運用されています。
 
 
 

ナッチャンWorld はこれから公共埠頭に接岸です。岸壁では何人もの自衛隊員が接岸の準備等をしていました。
 
 
 

ナッチャンWorld は船体に楽しい絵がたくさん描かれていますが、これは 『世界中から集まった仲間たちがパレードする』 というイメージで児童から募集した18作品が描かれているそうです。 
 
 
 

恐竜やキリン、像など見ているだけでも楽しくなりますね。反対側の船側にも楽しい絵がたくさん描かれています。
 
 


いよいよ接岸です。船尾部分では激しい水しぶきが上がっていますが、ナッチャンWorldにはディーゼルエンジン4基、ウォータージェット4基もの推進器が装備されています。
 
 
 

係留作業は自衛隊員ではなくて民間人が行っていました。




岸壁では撮影を行っている自衛隊員もいましたが、左の人は女性隊員でしょうか?足の格好が何だかかわいいですね(笑)


 

ここまでの画像はナッチャンWorld を目の前で撮影しているように見えますが、実はこんなところから脚立を立てて撮影しています。ナッチャンWorld の接岸している岸壁は有刺鉄線の張られたフェンスで囲まれていて、危険な作業も行われているので立入禁止なんですよね。




接岸の終わったナッチャンWorldの後部では車両等の出し入れを行うランプウェイと呼ばれる橋のようなものを伸ばしています。このランプウェイは自衛隊車両用に増設したものです。




ランプウェイの準備もほぼ終わったようです。




しばらくするとたくさんの車両が船から降りてきました。画像には写っていませんが、トラックの前面には 『2後支』 と書かれたプレートが付けられていたので北海道旭川に駐屯する第2後方支援連隊のようでした。




大在公共埠頭には以前は展望台があって、りゅう君のお散歩をしながら埠頭全体を見渡せましたが、今はその展望台も無くなってすべてコンテナターミナルになっています。この画像もコンテナの間から撮影したものです。過去の記事 もクリックしてみて下さいね。




         ランキングに参加しました。ポチっと協力をお願いします。
   
            にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ     にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
            にほんブログ村     にほんブログ村









PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
忍者カウンター
最新CM
[12/09 ルビたんママ]
[12/01 nicoママ]
[11/09 nicoママ]
[11/03 ろびんママ]
[10/30 ろびんママ]
[10/03 ろびんママ]
[08/29 ろびんママ]
[08/24 ろびんママ]
[08/22 ルビたんママ]
[07/18 ろびんママ]
アーカイブ
P R